種類別、GitHub Actionsの書き方まとめ

公開:2020/09/16
更新:2020/09/16
1 min読了の目安(約1100字TECH技術記事
Likes14

GitHub Actionsの使い方でハマることが多いので備忘録にまとめます

環境変数をセットしたい

echo ::set-env name=NAME::name

現在の環境変数をstep共通で使いまわしたい場合

echo ::set-env name=NAME::$(echo NAME)

masterブランチにpushされた時に実行したい

github.refにpushされたbranch名が入っている

- name update production
  if: github.ref == 'refs/heads/master' && github.event_name == 'push'
  run: ...

releaseという文字列が含まれるPRに対して実行したい

containsを利用することで特定の文字がbranchに含まれるか判定できる
以下のケースではrelease/1.0.0などのbranchをmasterなどにマージしたい時に利用する

- name release
  if: contains(github.head_ref, 'release') && github.event_name == 'pull_request'
  run: ...

AWS CLIのセット

- name: Configure AWS credentials from bot account
  uses: aws-actions/configure-aws-credentials@v1
  with:
    aws-access-key-id: ${{ secrets.ACCESS_KEY }}
    aws-secret-access-key: ${{ secrets.SECRET_ACCESS_KEY }}
    aws-region: ap-northeast-1

package.jsonをもとに自動タグ付け

- name: package-version-to-git-tag
  uses: pkgdeps/action-package-version-to-git-tag@v1
  with:
    github_token: ${{ secrets.GITHUB_TOKEN }}
    github_repo: ${{ github.repository }}
    git_commit_sha: ${{ github.sha }}
    git_tag_prefix: ""