Open

Golang のエラー・ハンドリングについて本を書いてしまった(改題)

9
ピン留めされたアイテム

とりあえず見切り発車でw

https://zenn.dev/spiegel/books/error-handling-in-golang

これを最初はブログ記事にしようと思ってたんだものなwww

このスクラップを本に紐づけました。フィードバックはこちらへどうぞ。

Go のエラー・ハンドリングについて自ブログで記事にしたのは,もう5年も前だが

https://text.baldanders.info/golang/error-handling/

補足記事を別途書いたりもしているが,起点となるこの記事が古すぎて微妙すぎる。いっそのこと全面改訂するか。

ついでに簡易版の記事を Zenn で書いたらウケるかも知らんw

面白いアイデアがあれば募集!

今の記事を書き直すか,新しくエントリを立ち上げるか。それが問題。

実は途中まで書き進めているのだが... なんか大作の予感がするよw

ちうわけで,方針変更。 Zenn でデジタル本書きます。これなら「全部入り」で書けるだろう。 12/12 の読書会までに仕上がるといいねぇ。

そこまで出来たら自サイトの方を簡易版として書いてみるか。

進捗:よーやく折り返し地点。やっぱり大作になった。「本」の形式にしておいてよかったw

Go初心者の僕でもざっくり理解できるほどに分かりやすいです。エラーハンドリング用のパッケージの比較が載っているのは超ありがたい・・・🙏

そう言っていただけると嬉しいです。今後はエラーに関する話はこの本に集約させていこうかな,と目論んでいます。

自ブログで紹介記事を書きました。

https://text.baldanders.info/remark/2020/12/error-handling-in-golang/

記事でも書いたけど,私はデザインセンス皆無なので(だからコマンドライン・ツールばっかり書いているw),今回も青空文庫を紹介する際に使っている画像を流用している。

https://github.com/spiegel-im-spiegel/aozora-cover

https://text.baldanders.info/remark/2019/03/book-cover-for-aozora-bunko/

こういう書影に使える「自由」な画像がもっとあるといいよねー。

ログインするとコメントできます