完成しない本

公開:2020/09/21
更新:2020/09/27
2 min読了の目安(約1600字IDEAアイデア記事

ついクセで Facebook や Twitter で脊髄反射のオン書きをしてしまうが,今後はこちらでポエムを発散することで自重しようと思っている。

ところで, Twitter の @zenn_dev で結城浩さんの「本」が紹介されていた。

既に様々な「」が公開されているようだ。

長いこと「傭兵」で過ごしてたので現在の状況をよく知らないのだが,会社員だった頃は「完成図書」というのがあって,要するに客先に納めるドキュメントを指すのだが,ネット上で活動する際も(書き捨ての日記やブログとは別に)この完成図書を意識して文章を書いていた。これが15年くらい前までの話(本家サイトは最近リニューアルしたので痕跡はないがw)。

でも完成図書って「書いた」瞬間から陳腐化してしまうんだよねぇ。これに気付いてから「完成図書」の運用を諦めてしまった。だって書いててつまらないもの。

HugoGitHub Pages でブログ運営を始めて5年になるが,バックエンドに RDBMS を抱えて書き捨てる古い CMS と違って,このスタイルは実に私の性に合っているようだ。特に git による管理は私の中でドキュメンテーションに対する考え方を変えてしまった。「完成図書」でも「書き捨て」でもない書き方もあるのだ。

いわゆる官製用語の電子書籍ではなく,ネット上の「本」は書くプロセスそのものにコミットし(場合によっては)課金できる。そして「書き続ける」限り陳腐化しない。

「書き続ける」を可視化する最良の方法は履歴を残すことだ。その意味で ZennGitHub と連携するのは正しい。さらに GitHub で公開すれば読み手も「書き続ける」ことに参加しやすいわけだ。

昔「ソフトウェアは永遠にベータ版」と言われたが,ドキュメントもそれが「生きてる」限りはベータ版である。 Zenn が「書き続ける」ためのエコシステムとして定着していくことを祈っている。

参考