🗂

技術用語の解釈メモ

2022/05/03に公開

概要

よく目にするが、メモっておかないと、ずれそうな用語をメモっておく

なぜか?

  • チーム開発、プロジェクト活動する時、認識ずれを予防できるかどうかは大きな要素。
  • 自分のプロジェクトでは、この用語をこういうふうに解釈してますよ、と先にポンと出せたら、認識ずれはだいぶ予防できる。認識すり合わせのスピードを上げられある。
  • 各ステークホルダー(ユーザー、PO、デザイナー、エンジニア、マーケター、営業)に作成した用語集のレビューを定期的に行なってもらう


base16(HEX)とbase64

16進数は、base16なのだが、IT界隈は、HEXと大文字表すことがよくある。
6(Hexa)と10の進数(decimal)でHexadeciminal。

64進数は、base64。画像を文字列で表すときなんかに使われる。

# base16 (hex)のサンプル
8D756736520697320617765736F6D6521205C6F2F
# base64のサンプル
## A~Zと、a~zと、0~9と記号(+,/) の64文字、 とパディング(余った部分を詰める)のための記号として'='
vbWF3ZXNv3ZXbWU3ZXhIFxvXhIFxvDFxvxvxvLw==

たとえば、zenn.devの記事slugについて、特に指定しない場合、「107c4fc35748ce」のような形になるが、これは0〜fまでの16進数でHEX。zennのslugの生成には、https://apidock.com/ruby/SecureRandom/hex/class のようなhexな組み込み関数を使っているとのこと

multibaseという、テキストに表示されるベースエンコード(base32、base36、base64、base58など)バイナリのエンコードを明確にするためのプロトコルもある。

hashと暗号化

hashは一方向。暗号化は、双方向(データを元に戻すことが可能)
各々、たくさんのアルゴリズムがある。

https://qiita.com/KEINOS/items/c92268386d265042ea16

代表的なアルゴリズム

  • sha3-512: 128桁のハッシュ。強度が高く、互換性も高い。
  • MD5: 32桁のハッシュ値
  • crc32: 8桁のハッシュ値。データの誤りを検査等でよく利用される。

hash化する際、ソルト(salt = 塩)と組み合わせることが多い。
ソルトは、パスワードをハッシュ化して保存するときに登場し、ハッシュ値から元のパスワードを推測しにくくするのが目的の文字列。

slug(スラッグ)

URLなどで、ユニークなIDのような使い方をする文字列。重複しないことが重要。

https://zenn.dev/zenn/articles/what-is-slug

Lint(Linter)とFormatter

  • Linter
    • 静的解析。バグの温床となりうるようなコードを検知して知らせてくれたり、可能であれば自動で修正してくれたりする。代表ツールはESLint。
  • Formatter
    • コードを、任意のフォーマットに自動整形したり、使い方が誤っているときにアラートを出したりしてくれる。代表ツールはPrettier。

複数メンバーでこのルールを共有していると、各個人の癖に左右されず、品質を一定に保てる(精神衛生上良い)

IntelliSense

オートコンプリート、オートコレクトなどの入力支援、操作性向上のための機能の総称

JSONC

JSONには、本来コメントを書けないし、あと、末尾のカンマケツカンマも許容していない。
JSONCはその辺が柔軟

settings.jsonも正確にはJSONCとのこと。
JSONも、JSONCも、拡張子が同じなのに、どこで判別しているのかはよくわからない。
https://github.com/microsoft/node-jsonc-parser

TL;DR(Too Long; Didn't Read.)

要約のこと。良く、ブログ記事の先頭に記載してある。
「長すぎる。読んでない。」という意味の英略語から転じて、「長すぎるという方のための要約」という意味でも用いられる(インターネットスラング)の1つ。

Vercel

https://vercel.com/

  • NextJSの開発元が提供
  • 最近勢いのあるホスティングサービス
  • 開発初期はVercelで、その後CloudRunなどに移行している人をよく見かける(zenn.devも)
  • 静的サイトのホスティングだけではなくNode.jsアプリも動かせる(Serverless Functions)
  • 料金について https://zenn.dev/lollipop_onl/articles/eoz-vercel-pricing-2020

ビジネスロジック

ビジネスロジック

ビジネスロジックは、アプリケーションを、分解する観点の1つ。
そのシステムにおける、システム固有の処理を行う部分。ビジネスロジックを分離することで、別のシステムに流用できる部分を特定するのが楽になったり、影響範囲を限定できたりする。

ビジネスロジックを理解するためには、その境界である、プレゼンテーション層や、データ層を理解する必要がある(ごっちゃにならないように)

  • プレゼンテーション層
    • そのアプリケーションとユーザや外部システムとのやりとりを担当する層
    • たとえば、古典的なMVCフレームワークによるWebアプリと同様の処理をAPIやCLIアプリケーションとして提供するとき、プレゼンテーション層以外が使い回せるような構造になっていると理想的。
  • データ層
    • データ層の役割は、ファイルやDBに対してデータを読み書きすること。
    • ビジネスロジックをデータ層と切り離すことで、保存先がファイルなのかRDBなのかを気にかけず、ビジネスロジックを記述できる
    • データ層は、保存先の媒体によらず同じインタフェースをビジネスロジック層に対して提供し、保存先が変わってもデータ層だけ直せばいいというのが理想的
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます