🦀

100日後にRustをちょっと知ってる人になる: [Day 88]Wasm Workers Server 0.6.0

2022/12/15に公開約5,400字

Day 88 のテーマ

Day 87 では、Rust を用いて開発された WebAssebmly を Apache HTTP Server で動作させるための mod_wasm について見てみました。そこでも紹介したように、mod_wasm は VMware Wasm Labs が公開しているオープンソースです。また、記事の中でも触れましたが Day 50 で紹介をした Wasm Workers Server も同じく VMware Wasm Labs が公開しているオープンソースの WebAssembly をサーバーレスとして動作させる実行環境でした。

ふと、この Wasm Workers Server のリポジトリを見ていると、12 月 2 日 に、ぼくが使用しているバージョンから上がっていました。そこで、今日はそのアップデートについて見てみたいかなと思います。

Wasm Workers Server

以前すでにこの Wasm Workers Server について説明を行ったので、今日は細かなことは記載しません。どういうものかは、以下の内容を見てください。

簡単に表現すると、Wasm Workers Server は、WebAssembly 上でアプリケーションを実行するためのHTTPサーバです。
そのアプリケーションは workers というパターンに従っており、すべての URL はリクエストを処理しレスポンスを提供する個別のモジュールに関連付けられるようになっているものです。

さて、一応改めてですが、現在の Wasm Workers Server のバージョン確認をしておきます。Wasm Workers Server の操作は wws CLI ツールで行います。

$ wws --version

wasm-workers-server 0.5.0

この 0.5.0 は最初に公開されたバージョンで、10 月 17 日のものです。

最新版へのアップグレード

wws CLI からのアップグレードには対応しておらず、新規にインストールを行う同じ手順を実施し、上書きをする操作になります。次のコマンドで、アップグレードを行います。

curl https://raw.githubusercontent.com/vmware-labs/wasm-workers-server/main/install.sh | bash
👋 Hello
I'm going to install Wasm Workers Server in your system
⚙️  Downloading
⚙️  Decompressing
x ./
x ./LICENSE
x ./README.md
x ./wws
⚙️  Installing
Wasm Workers Server will be installed in /usr/local/bin.
This requires sudo permissions. If you prefer to install it
in your current directory, run the installer with --local.
If you want it to be global, just type your password:
Password:
🧹 Cleaning up
🚀 Wasm Workers Server (wws) was installed correctly!
You can now try it: wws --help
$ wws --version

wasm-workers-server 0.6.0

というわけで、0.6.0 に最新化できました。

Wasm Workers Server 0.6.0

さて、今最新化した ## Wasm Workers Server 0.6.0 ですが、これは 12 月 2 日にリリースされたものになります。
それでは、アップデート内容について見ていきます。

修正事項などを含むアップデート内容の全ては以下のリポジトリの README に記述されています:

Wasmtime のバージョンを 3.0.0 に更新 のバージョンを 3.0.0 に更新

Wasmtime とは、Bytecode Aliance がスタンドアロンで WebAssembly を動作させるために提供している WASI (WebAssembly System Interface) の実装のことでした。

その Wasmtime のバージョンが 11 月 22 日v3.0.0 がリリースされています。(最新版 は 12 月 2 日にリリースされている v3.0.1 です。)
この v3.0.0 に対応させています。

静的アセット用のフォルダのサポート

v0.5.0 では、静的アセットの管理は WebAssembly モジュールで行う必要がありました。そのため、次のような難しくなる点がありました。

  • 静的アセットの更新が面倒
  • WebAssembly モジュールによる静的アセットのハンドリング

この新しい v0.6.0 からは、public フォルダが採用されました。アプリケーションで公開したい静的アセットは、この public フォルダをプロジェクトのルートに作成して使用することができるようになります。
public/sample.png/sample.png としてアクセスできるようになります。

Rust workers への環境変数を設定・注入に対応

多くのアプリケーションプラットフォームと異なり、WebAssembly ランタイムはモジュールを完全に分離しているため、デフォルトでは環境変数にアクセスをしません。
v0.6.0 では WebAssembly worker に環境変数を注入するための新しい設定パラメータが追加されました。WebAssembly worker に環境変数を追加するには、TOML ファイルを作成して、[vars] エントリを設定します。

[vars]
JSON_MESSAGE = "Hello! このメッセージは、環境変数からのものです。

また、$ 記法により、既存の環境変数を渡したり、名前を変更することができます。

[vars]
TOKEN = "$TOKEN"

Rust workers からバイト配列を返却に対応

従来は、すべての Worker 関数はボディタイプとして String を返すようになっていました。バイナリレスポンスは String としてエンコードができないために Worker のユースケースを制限していました。
v0.6.0 では、Worker はレスポンスボディに Content というカスタムタイプを返すようになります。これにより、Worker は 文字列 (String) あるいは バイナリデータ (Vec<u8>) をクライアントに返すことができるようになります。

#[worker]
fn handler(req: Request<String>) -> Result<Response<Content>> {
    let mut buf = BufWriter::new(Vec::new());
    :
    :
}

Rust マクロ属性の名前を worker に変更

ネーミングを統一するために、マクロ属性を handler から worker に変更になっています。

変更前:

use wasm_workers_rs::{
   http::{self, Request, Response},
   handler, Content,
};

#[handler]
fn handler(req: Request<String>) -> Result<Response<Content>> {
   // ...
}

変更後:

use wasm_workers_rs::{
   http::{self, Request, Response},
   worker, Content,
};

#[worker]
fn handler(req: Request<String>) -> Result<Response<Content>> {
   // ...
}

Day 88 のまとめ

Wasm Workers Serverv0.6.0 になり、Web アプリケーションの実行環境としての使い勝手が随分とあがりました。
静的アセット環境変数の利用などはすぐに使ってみたい機能だと思いました。
v1.0.0 に向けての今後の発展が楽しみです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます