【完全版】ターミナルの出力をカラフルにしたい

1 min read読了の目安(約1400字

はじめに

突然ですが皆さん、ターミナルやIterm2などの出力って白黒で、どこか味気なくないですか?
生産性とか便利とかの類の話ではないですが、色がついてカラフルだとモチベーションあがりますよね?
ん?あがらないって?
では、これ見てみてください!
asciicast
めっちゃきれいじゃないですか?

これは、lolcatというツールを使うと、このように出力をカラフルにすることができるのです1

lolcatとは

lolcatとは、ターミナルの出力を、美しくカラフルにするRuby製のツールです!

公式サイト

インストール

この記事では、macにHomebrewというパッケージ管理システムを使ってインストールしていきます。
※「Homebrew? なにそれおいしいの」という方は、是非こちらのHomebrewについて解説した記事を是非参照してみてください!

https://zenn.dev/sawao/articles/e7e90d43f2c7f9

それでは、早速インストールしていきます!

$ brew install lolcat

以上で、インストールは完了です!簡単ですね!

使い方

インストールが完了したら、早速lolcatを使用してみましょう!

使い方は簡単で、コマンド | lolcat とすればそれだけで出力がカラフルになります!

|とは「パイプ」といって、linuxでコマンドとコマンドを繋ぐための記号です。

早速使ってみましょう!

$ ls | locat
# lsコマンドは、そのディレクトリ配下のファイルやフォルダを一覧表示するコマンドです

実行して、ターミナルの出力を見てみてください!
ファイルやフォルダがカラフルに表示されたのではないでしょうか?

<サンプル>

終わりに

いかがでしたでしょうか?
以上で、lolcatのインストールと使い方の解説を終わります!

出力をカラフルにすることは、モチベーションアップに繋がりますし、見栄えがいいと、他人に共有するときなどにとても印象が良くなるので、是非使ってみてください!