📝

EC2をADサーバーとしてWorkSpacesを使ってみた

2021/04/24に公開約7,000字

前回、
EC2をADサーバーとして作成してみた
でEC2をADサーバーとして起動し、別のEC2からリモート接続するところまで試してみました。
今回は引き続き以下の記事を参考に、WorkSpaces環境を構築していきたいと思います。
EC2からADサーバーを自分で作成し、WorkSpacesのディレクトリとして使ってみよう! - サーバーワークスエンジニアブログ

3. WorkSpaces環境を構築する

!料金に関する注意

参考記事の通り料金にご注意ください。

WorkSpacesは、1台でも立ち上げた段階で初期費用を取られます。立ち上げてすぐ削除しても、初期費用は取られ、かつ月単位で課金されますので注意してください。

料金については以下の記事もわかりやすかったです。
AWS WorkSpacesの時間料金に基本でかかる月額料金分の計算について | ハックノート

ディレクトリの作成

まずはWorkSpacesでディレクトリを作成します。
マネジメントコンソールからWorkSpacesコンソールに移動します。
image.png

「今すぐ始める」をクリックします。
image.png

詳細設定の方の「起動」をクリックします。
image.png

「AD Connector」を選択し、「次へ」をクリックします。
image.png

サイズは「スモール」を選択し、「次へ」をクリックします。
image.png

VPCはADサーバ作成時と同じもの、サブネットはADサーバーとユーザーサーバーの両方のサブネットを指定し、「次へ」をクリックします。
image.png

任意の組織名、ADサーバーで設定したDNS名、ADサーバーのプライベートIP、ADサーバーに登録したユーザー名とパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
image.png

確認画面で「ディレクトリの作成」をクリックします。
この際、AmazonWorkSpacesAdminの権限がないとエラーが発生します。AdministratorAccessを付けていても失敗したので、明示的にAmazonWorkSpacesAdminの付与が必要なようです。
image.png

しばらく待つとステータスがActiveになりました。
※実はこの前に1度Faliedになったのですが、理由はDNSのIPアドレスにパブリックIPを指定していたことでした。プライベートIPに変更したら成功しました。
image.png

ディレクトリ選択し、「アクション」から「登録」をクリックします。
image.png

サブネットを2つ選択し、「登録」をクリックします。
image.png

少し待つと登録済みが「はい」になりました。
image.png
image.png

WorkSpacesを構築する

続いて、ダッシュボードから「WordSpaces」をクリックします。
image.png

「WordSpacesの起動」をクリックします。
image.png

登録したディレクトリを選択し、「次のステップ」をクリックします。
image.png

「すべてのユーザーの表示」をクリックすると、ユーザー一覧が表示されるので、ユーザーを選択して「選択項目を追加」をクリックします。
追加されたら「次のステップ」をクリックします。
image.png

今回は無料枠のWindows10を選択し、言語を日本語に変更しました。
image.png

画面下部の「次のステップ」をクリックします。
image.png

ここはデフォルトのままにし、画面下部の「次のステップ」をクリックします。
image.png

確認画面で「WorkSpacesの起動」をクリックします。
image.png

起動中
image.png

20分ほどでステータスがAVAILABLEになりました。
image.png

接続してみる

Amazon WorkSpaces Client Downloadから専用ソフトをダウンロードして実行します。
すべてデフォルトのまま「Next」をクリックし、最後に「Install」をクリックします。
image.png

image.png

image.png

image.png

完了したら「Finish」をクリックします。
image.png

デスクトップのショートカットをクリックすると以下の画面が表示されるので、登録コードを入力します。
image.png

登録コードはコンソールにあります。
image.png

続いてユーザー名とパスワードを求められるので、作成したユーザー名とパスワードを入力して「Sign In」をクリックします。
image.png

image.png

途中でアクセス許可の警告が出ますが、「アクセスを許可する」をクリックします。
image.png

無事起動しました。
image.png

ユーザーは確かに作成したユーザーです。
image.png

色々試してみる

せっかくなので気になることを試します。

ADサーバーにリモート接続

プライベートIPでちゃんと接続できました!
image.png

ファイルのコピー不可

デスクトップに適当なテキストファイルを作成し、ローカルPCにコピーしようとしましたができませんでした。
image.png

image.png

インターネット接続

普通にできました。
image.png

まとめ

前回、今回とADに関する理解のために実際にEC2にADを構築して、さらにWorkSpacesの構築までやってみました。
細かく手順を残したつもりなので、どなたかの参考になれば幸いです。

Discussion

ログインするとコメントできます