📝

AWS DOP 勉強メモ 2

2022/09/22に公開約3,200字

AWS DOP 勉強メモ 1 の続きです。

CodeDeploy のインプレースデプロイは EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームのみ

EC2/オンプレミスコンピューティングプラットフォームを使用するデプロイのみが、インプレイスデプロイを使用できます。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codedeploy/latest/userguide/welcome.html#welcome-deployment-overview

CodeDeploy のBlue-Green デプロイは オンプレミスのコンピューティングプラットフォームでは使用できない

EC2/オンプレミスのコンピューティングプラットフォームを使用する場合は、ブルー/グリーンのデプロイは Amazon EC2 インスタンスでのみ機能することに注意してください。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codedeploy/latest/userguide/welcome.html#welcome-deployment-overview

CodeDeploy の hook はデプロイ対象によって異なる

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codedeploy/latest/userguide/reference-appspec-file-structure-hooks.html#appspec-hooks-ecs

Aurora には Global Database がある

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/AuroraUserGuide/aurora-global-database.html#aurora-global-database.advantages

CodePipeline ではクロスリージョンアクションが可能

パイプラインとは異なる AWS リージョン内にあるアクションをパイプラインに追加できます。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codepipeline/latest/userguide/actions-create-cross-region.html

EventBridge から直接 CreateSnapshot を実行できる

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/events/TakeScheduledSnapshot.html

CloudFront にはフィールドレベルの暗号化という機能がある

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudFront/latest/DeveloperGuide/field-level-encryption.html#field-level-encryption-setting-up

CodeDeploy のロールバックでは最後にインストールされたファイルを削除する

自動ロールバックが開始された場合、または再デプロイまたは手動ロールバックを手動で開始した場合、CodeDeploy は、まず、最後に正常にインストールされたすべてのファイルを各参加インスタンスから削除しようとします。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codedeploy/latest/userguide/deployments-rollback-and-redeploy.html

CodeBuild で EB CLI を使用できる

CodeBuild を EB CLI をともに使用すれば、ソースコードからのアプリケーションの構築を自動化できます。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/eb-cli-codebuild.html

Jenkins には ec2-plugin がある

https://plugins.jenkins.io/ec2/

CodeStar の設定は template.yml で変更できる

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codestar/latest/userguide/templates.html#update-project

aws ecr get-login-password は pre_build で実施する

https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/build-a-continuous-delivery-pipeline-for-your-container-images-with-amazon-ecr-as-source/

cfn-hup はメタデータの変更を検出する

>cfn-hup ヘルパーは、リソースメタデータの変更を検出し、変更が検出された場合は、ユーザーが指定した操作を実行するデーモンです。これにより、UpdateStack API アクションを通じて、実行中の Amazon EC2 インスタンスで設定を更新できます。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/cfn-hup.html

ルートユーザーに IP 制限はかけられない

https://www.classcentral.com/course/exam-readiness-aws-certified-devops-engineer-prof-71299

S3 バケットポリシーで MFA の設定が可能

https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/enforce-mfa-other-account-access-bucket/

OpsWorks でのインスタンス置換は Auto Healing

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/opsworks/latest/userguide/workinginstances-autohealing.html

CloudWatch Logs のログを CloudWatch のメトリクス化できる

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/logs/MonitoringLogData.html

Aurora のグローバルデータベースでは、セカンダリ DB クラスターは最大 5 つまで

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonRDS/latest/AuroraUserGuide/aurora-global-database.html

Elastic Beanstalk のワーカー環境で Web 環境の負荷を軽減できる

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/concepts-worker.html

今回はここまで

メモ 3へ続く。

Discussion

ログインするとコメントできます