Yarn v2で始めてみるzenn-cliライフ

1 min read読了の目安(約800字

zennで記事を公開するにあたり、Github連携でやってみようと思っていました。今回それを設定にするにあたり、zenn-cli w/Yarn v2でリポジトリを作ってみたので共有します(大したことはやってないです)。

リポジトリの作成・zennへの連携

上記を参考に、リポジトリをGithubで作成しzennに連携します。

リポジトリの初期化

ここを参考に、良い感じにyarn v2に読み替えながらやっていきます。

1. まずYarn v2の有効化。

yarn set version berry

2. 初期化

yarn init

3. zenn-cliの導入

yarn dlxでやったら上手くいかなかったので依存として足す。

yarn add -D zenn-cli

4. previewに必要なライブラリのダウンロード

previewでNext.jsが起動するようなのですが、それがいくつかのライブラリを要求するのでインストール。(多分node_modulesが見れないことによるものだと思います。)

yarn add -D react prop-types styled-jsx prismjs

5. previewの実行

コマンド実行して、ブラウザでプレビューされたらオッケー!

yarn zenn preview

終わり

これからどんどんzennに書いていきたいと思います。