🦁

【JavaScript】データ型についてまとめた

2022/08/03に公開約1,200字

はじめに

この記事は学習ノートです。
JavaScriptのデータ型について、調べたことをまとめました。

データ型の種類

プリミティブ型とオブジェクトがあります。

1.プリミティブ(基本)型

Number

  • あらゆる種類の数値
  • Javaと違って、整数も浮動小数点数もNumberになる

Bigint

  • number型では表せない、巨大な整数
  • ES2020から導入された
  • あまり使わないっぽい?

https://ja.javascript.info/types#ref-110

String

  • 文字や文字列
  • Javaと違ってchar型はない

Boolean

  • 真偽値
  • truefalse

null

  • 値が存在しないことを示すデータ型

undefined

  • 値が未定義であることを示すデータ型

Symbol

  • 一意で不変な値のデータ型
  • ES2015から追加された
  • Symbol()関数で使うらしい…

nullとundefinedの違い

よくトイレットペーパーに例えて説明されます。

  • 0:トイレットペーパーの芯があり、紙がない状態
  • null:トイレットペーパーの芯がない状態
  • undefined:トイレットペーパーホルダーすら設置されていない状態

こちらの記事が分かりやすかったです。

https://www.zunouissiki.com/entry/null-zero-undefined-empty-space/

2.オブジェクト(複合型)

Object

  • より複雑なデータ構造
  • オブジェクト、配列、関数、正規表現、Dateなど

配列とオブジェクトの違いについて詳しく書いた記事はこちら👇

https://zenn.dev/miya_akari/articles/3e6c909d98aeea

おわりに

nullとundefinedの違いは、しっかり覚えておいた方がよさそう!
データ型を調べることのできるtypeof演算子の使い方は、次回書きます😌

参考

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Data_structures#データと構造型

https://jsprimer.net/basic/data-type/

https://ja.javascript.info/types

Discussion

ログインするとコメントできます