🏠

おうちでプロジェクションマッピングするための7つのステップ

2022/05/08に公開約2,400字

おうちでもプロジェクションマッピングはできる

What's up everybodys guys!
miwa maroonです!

個人的に、プロジェクションマッピングがすごい好きなんですけど、
個人でやるにしても、巨大なスペースと莫大な資金(パナソニックとかのプロジェクター用の)が必要で

無理やん!!

って長年思ってたんですが、

できる方法考えつきました!

いろいろ試行錯誤でテストと制作しわかったことがあるので、整理して、皆さんにわかりやすい形で
シェアできればと思います!

今回の制作物

基本Touchdesignerで作業していくんですが、
そんなにTouchdesigner使えないよ~✋
って方でも手順をしっかりふめばできるくらい簡単なので、

安心してください!

(履いてますよって言うところだった、あぶね)

7つのステップ

これを作るために、
7つ!
ステップがあるので順番にご紹介。

1.マッピングシュミレーション

2.投影物を作る(折り紙で家を作りますww)

3.フォトグラメトリーで3Dモデル化

4.プロジェクターと投影物の設置

5.投影映像を作る

6.実際に投影

7.調整

フォトグラメトリー以外は簡単そうよね。
ちなみにフォトグラメトリーも超絶イージーです

スマホで出来るので!
後々説明します

1.マッピングシュミレーション

ここでは、Touchdesignerのなかで、
どこにプロジェクターおいて、どういう風に打てば、こんな絵が映るよねー

みたいなシュミレーションを行っていきます。

いやそんなのやなくていいよ! いきなりプロジェクターで投影しちゃおうぜ!

って思う方もいるかもしれません。気持ちわかります。僕もそうだったので、、、
ですが、経験上、いきなり投影してしまうと

投影物を動かしたい!とか、プロジェクターを変えたい!とかなったときに、
思ったより手間がかかる!
うえに、
どこを基準に合わせればいいんだ?
みたいなパニックに陥りがちです

なので、マッピングシュミレーションはやったほうがいいです。
デカいプロジェクトであれば、必須オブ必須。

投影環境を作る

実際どうやってやるの?
というところで、動画にて実際に0から作って解説してます!
(英語ですがあなたなら絶対に理解できる!!)

https://www.youtube.com/watch?v=1BamlO6CNXE

詳しくは動画で説明しているので、ここでは大事なところだけ抜粋して解説していきます

バーチャルプロジェクターの作り方

バーチャルプロジェクターは、

  • CAMERA COMP
  • LIGHT COMP

で再現ができます

CAMERA COMPは、プロジェクターの目の機能でプロジェクターからどう見えているのかで
LIGHT COMPは、そのままですが、プロジェクターの光です。

ここが大事ですが、LIGHT COMPの
Projection Map
TOP を入れると、
本物のプロジェクターのように映像を投影することができるようになるのです!

Kantan mapper

プロジェクションマッピングをする際に、Touchdesignerには強力な助っ人がいます。

それがKantan Mapperです。

名前の通り、簡単に投影する映像や画像を作ることができ、調整もすごくしやすいです

基本的には、

  • 四角形を作って、四隅を投影面と合わせる
  • フリーシェイプで投影面に合う形を作る

のどちらかとなります。

シンプルなら四角形
複雑ならフリーシェイプです

もちろん、Noise TOPのようなテクスチャに変更することもできます!
その際は、テクスチャにD&Dして右の×ボタンを押すのを忘れないようにしてください!

ほんまこれのおかげで秒速ですよ。秒。

Touchdesigner以外のマッピングツールだと、Resolumeってよくきくんけど、あれってどうなんやろ?
いまいちよくわかってないので、知っている方いましたら教えていただけると嬉しいです!

次回予告、果たしてこれはTouchdesignerの記事と呼べるのか?

今回はTouchdesigner内でマッピングのシュミレーションと強力なマッピングツールKantan Mapperについて紹介しました。

次回は、折り紙を折って家を作ります!!

そしてそれをフォトグラメトリーで3dにします!!

全然Touchdesigner関係なくなっちゃたよ!
って澤部に言われそうですが、

一番楽しいところなので是非折り紙で家作ってみてくだい!!

それでは!

Discussion

ログインするとコメントできます