🔛

(AWS Hands-on for Beginners)CloudEndure Migrationをやってみる

5 min read

教材

AWS Hands-on For Beginners[1]にある
CloudEndure Migrationを使ってオンプレミスサーバーをAmazon EC2に移行する

各個別のページで初回は情報登録が必要となります。上記はすでに登録を行ったあとのページとなります。

CloudEndureとは

Wikipedia[2]で詳細に記載されていますが、
抜粋すると米国本社で開発拠点となるイスラエルにて研究開発が進められていたソフトウェアです。
Google CloudのVM Migration製品に統合されたりと独立していたものの、2019年にAmazonにて買収されています。[3]

(2021/5/18)AWS Application Migration Service の一般提供を発表

元々CloudEndureは別製品であったため、AWSのIAMなどの統合がされていませんでした。
このAWS MGNのサービス紹介には次のような文章が含まれています。

CloudEndure Migration のテクノロジーに基づいており、類似の機能を提供しますが、AWS マネジメントコンソールで利用できます。

このように、AWSの1サービスとして提供される形となります。
なお、AWS MGNについてはAWS公式トレーニングに掲載されているので別途実施してまとめる予定です。[4]

CloudEndureの稼働する環境は公式ドキュメントにて公開されています。

CloudEndure Migration

  • エージェントインストール型
  • 90日間無料
  • サポートOS
    • Windows Server
      • 2003/2008/2012/2016/2019
    • Linux
      • CentOS
      • RHEL
      • OEL
      • SUSE
      • Ubuntu
      • Debian
        etc...

実際にやってみる

CloudEndure アカウント作成

動画の手順は、Googleで「aws cloudendure」を検索する流れですが、
2021年5月22日時点で検索結果アルゴリズムによる結果が異なるので以下ダイレクトページ。

https://console.cloudendure.com/#/register/register

CloudEndureのアカウントはサポート経由でしか削除できない。
なお、完了後に保持し続けても料金は発生しない。

有効なメールアドレスで登録実施

Image from Gyazo

AWS APIに必要なIAMリソース作成

Image from Gyazo

The Project must have these permissions

レプリケーション設定

Image from Gyazo

エージェントのインストール手順を確認

Image from Gyazo

CloudEndureエージェントインストール

Image from Gyazo

CloudEndure コンソールに表示

Image from Gyazo

  • レプリケーションが始まるとプログレスバーに進捗が表示

Image from Gyazo

  • Continuous Data Replicationが出たら準備完了

今回の環境だと、だいたい15分前後で完了

Image from Gyazo

実際に移行を実施

Test Mode : 実際の現場では、実際の移行日1週間前を目処に移行後のアプリ動作確認含めて実施を推奨
Cut Over : 移行完了

なお、どちらもVMを移行することには変わりなく、CloudEndureでフラグとして完了とするか否か

Image from Gyazo

移行処理開始

Image from Gyazo

  • Job Finishedで移行完了

今回の環境だとだいたい7分前後で完了

Image from Gyazo

移行完了後のインスタンス一覧

  • CloudEndure Replication Server con17は移行タスクを受け取る
  • CloudEndure Machine Converter con17 はボリュームの変換など移行処理で一時的に起動

Image from Gyazo

以上で、移行タスクの実施は完了。

まとめ

以前、EC2のVM Import/Exportで苦労した経験があります。
今回、サクッとレプリケーションができたのでかなり楽でした。
エージェントがインストール可能な環境でサポートされるOSだと、
現時点ではこの実施方法がよいでしょうね。


脚注
  1. https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/aws-jp-webinar-hands-on/ ↩︎

  2. https://en.wikipedia.org/wiki/CloudEndure ↩︎

  3. https://www.timesofisrael.com/amazon-said-to-buy-israeli-cloud-computing-firm-for-250-million/ ↩︎

  4. https://www.aws.training/Details/eLearning?id=71732 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます