🙌

【ローモバ】ギルド内の魔獣討伐ギフト最適化

2022/05/15に公開約2,800字

ギルド管理者むけの記事になります。
この記事の続編になります。

https://zenn.dev/lm_mh/articles/b58610a4c18af9

https://zenn.dev/lm_mh/articles/3065c6b9088876

お品書き

  1. 1日あたり200箱以下のギルドは気にする必要なし
  2. コモンを禁止するかどうか考える
  3. 最適なアンコモン/レアの配分の調整
  4. 3.の調整に合わせて最適なポイント配分を決める
  5. ギルド内のギフトはきちんとカウントする

以下では各論とその根拠を解説します。

1. 1日あたり200箱以下のギルドは気にする必要なし

2つめの記事で検証していますが、質の低下が如実に現れるのは200箱を越えたあたりです。
1日に200箱程度であれば質を気にする必要はありません。
むしろ気にすべきはなぜそんな箱数になってしまっているかです。ギルメンの魔獣討伐研究の進み具合の確認や討伐の呼びかけを優先すべきかと思います。

2. コモンを禁止するかどうか考える

コモンは簡単に倒せてしまうため箱の数が増えてしまいます。
箱の全数が増えると他のランクの箱の質も落ちる(と思われる)ため、アンコモンやレアの質の維持のためにコモンを禁止することも選択肢に入ってきます。

大まかに考えて、アンコモン1匹倒すのに必要な行動力はコモンの6倍です。
例えば一日にコモン240箱アンコモン100箱であれば、ギルドの実力としてはアンコモン140箱になります。このケースであればコモン禁止の効果が十分に見込めます。

3. 最適なアンコモン/レアの配分

この記事のメインコンテンツです。
自然回復で倒せるランク(アンコモン/レア)に限定し、その最適な配分を考えます。

モデルケース

モデルケースとして以下を考えます。

  • ギルドを平均するとメンバーあたり一日でアンコモン6匹狩れる
  • レアを倒すのに必要な行動力はアンコモンの4倍
  • 7割のメンバーは毎日ハンティンググラウンド(以下HG)を使う
  • HGを使うと行動力の消費量は半分になる
  • ギルドメンバーは80人

行動力の計算を簡単にするため、一日の自然回復量を12とします。すなわち、

対象 必要な行動力
アンコモン(HGなし) 2
レア(HGなし) 8
アンコモン(HGあり) 1
レア(HGあり) 4

(ケース1)
全部アンコモンに使う場合、箱数を以下のように計算することになります。

  • HGを使わない24人: 12/2 = 6箱
  • HGを使う人56人: 1+(12-1)/2 = 6.5箱
  • 合計でアンコモン508箱

(ケース2)
HGはレア、残りはアンコモンに使うとすると、以下のような計算になります。

  • HGを使わない24人: 12/2 = アンコモン6箱
  • HGを使う人56人: (12-4)/2 = アンコモン4箱(+レア1箱)
  • 合計でアンコモン368箱、レア56箱

(ケース3)
中途半端ですが、HGを使わない人もレアを1匹狩るとすると、

  • HGを使わない24人: (12-8)/2 = アンコモン2箱(+レア1箱)
  • HGを使う人56人: (12-4)/2 = アンコモン4箱(+レア1箱)
  • 合計でアンコモン272箱、レア80箱

(ケース4)
さらにHGを使う人はレアだけを狩るとすると、

  • HGを使わない24人: (12-8)/2 = アンコモン2箱(+レア1箱)
  • HGを使う人56人: レア2箱
  • 合計でアンコモン48箱、レア136箱

箱あたりの期待値

前回の記事で検討した通り、箱の数が増えるに従って中身の質は低下していきます。
アンコモン箱1つあたりは大まかに以下のようになります。

ジェム スピア 研究スピア
0〜50箱 10.4 5.6分 7.6分
50〜100箱 8.4 3.7分 6.2分
100〜150箱 6.0 3.1分 5.3分
150〜200箱 5.0 1.8分 2.7分
200〜250箱 1.5 0.7分 1.2分
250〜300箱 1.3 0.5分 0.5分
300〜350箱 0.6 0.5分 0.5分
350〜400箱 0.5 0.5分 0.5分

これを見てしまうと200箱以降は狩るのが虚しくなってきますね🤔

レア箱1つあたりは大まかに以下の通りです。

ジェム スピア 研究スピア
0〜25箱 15 12分 19分
25〜50箱 15 8分 12分
50〜75箱 12 6分 10分
75〜100箱 6 5分 7分

ケース別の一日あたりの期待値

上記を組み合わせると、ケース別の期待値が得られます。
ケース2, 3はそれほど変わりませんが、ケース1, 4のようにランクが偏っているケースでは質が低下しているのが良くわかりますね。

ケース1 ケース2 ケース3 ケース4
アンコモン 508 368 272 48
レア 0 56 80 136
ジェム(k) 1.8 2.7 2.7 1.9
スピア(h) 14.6 24.6 23.8 20.3
研究スピア(h) 21.3 37.8 37.0 30.3

4. 最適なポイント配分を決める

例えばケース2を目指してギルメンの討伐を誘導したいという状況を考えます。

書きかけ

5. ギルド内のギフトはきちんとカウントする

ギルド内でルール化しても、どうしてもサボる人は出てきます。
数字で示すしか無いですよね。全数チェックは大変なので的を絞ってのランダムチェック等が必要になってくると思います。

カウンターを開発していますので、ぜひご利用ください。

https://zenn.dev/lm_mh/articles/665f511ff89fa5

Discussion

ログインするとコメントできます