Azure Solutions Architect Expertを取得した

3 min読了の目安(約2000字IDEAアイデア記事

概要

Azure Developer Associateを取得したという記事を先ほど投稿したのですが、実は同じ日にSolutions Architect Expertも取得したので、そちらについても投稿します。

筆者の情報

SIer勤務のバックエンドエンジニア。
Azure上でのアプリケーション開発経験は1年半程度。
主に .NET Core/Functions/SQL Database/Storage Account/ApplicationGateway/API Management辺りを触ることが多い。

勉強方法

勉強方法は主に以下の二つでした。

mstepのオンライントレーニング

mstepオンラインとはMicrosoftのパートナー企業が無償で受けられるオンライントレーニングです。

ありがたいことに私の所属企業はMicrosoftのパートナー企業だったため、無償で受講することができました。

受けた講座は以下の二つです。

  • AZ-300対策講座 オンラインにて1日
  • AZ-301対策講座 オンラインにて1日

※AZ-300および301は2020年9月末をもって終了します。
 Solutions Architect Expertを取得するには後継のAZ-303,304に合格する必要があります。

なぜ303,304の対策講座を受けなかったのかというと、まだなかったからです。

mstepの試験対策講座は試験範囲を的確に教えてくれたため、試験対策としては非常に効果があったと思います。
ただし、時間が限られていることもあり、試験に出ない箇所についてはほとんど触れられないため、実践力を身に着けるにはほかの手段での勉強も必要だと思います。

Microsoft Learnでの勉強

出題範囲に対応するMicrosoft Learnのラーニングパスが資格のページに記載されているのでこれをひたすらやっていくという形で勉強しました。

ただし、ADも出題範囲にもかかわらず上記ページのラーニングパスにはなぜか記載されていないので、Azure Active Directory で ID とアクセスを管理するを追加で実施しました。

9月に入ってから通勤時間などの隙間時間でコツコツと勉強をしていたのですが、mstepの対策講座を受けたAZ-300,301が2020年9月末をもって終了してしまうため、ラーニングパスの完了率は40%程度で受験に踏み切りました。

成績

結果は以下の成績で合格でした。(いずれの試験も700点以上で合格)

  • AZ-300 : 740点
  • AZ-301 : 742点

結果はその場で表示されます。
試験ページに記載された評価されるスキルごとの得点率もその場でもらうことができました。

私は以下が低評価だったので該当するAssociate資格取得を目標に復習していきたいと思います。

  • データプラットフォームソリューションの設計 → DP-300合格を目指して勉強予定
  • 認証の実装とデータのセキュリティ保護 → AZ-500合格を目指して勉強予定

Azure Developer Associateを取得したでは、Microsoft Learnだけでは合格は厳しかったかもと記載しましたが、Solutions Architect ExpertはMicrosoft Learnだけでも合格ができたのではないかと思います。
理由はMicrosoft Learnで得られる知識と問題で問われている範囲の重複度合いが高かったように感じるためです。

Microsoft Learnは無料で利用できるととても良い学習教材なのでぜひ皆さんも利用してみてください。