🦖

Docusaurusスタートガイド

2022/04/22に公開約8,200字

Docusaurusをはじめたい方のためのスタートガイドです。

https://docusaurus.io/

対象者

  • Docusaurus利用してみたい人

今回やること

  • ローカルにDocusaurus構築
  • GitHubリポジトリにpush
  • Netlifyにデプロイ
  • デフォルト設定を自分用に修正
    • ヘッダー・フッタの修正
    • 試しにドキュメント追加
    • docusaurus.config.jsの修正
    • Meta tag設定
    • Blogの設定
  • 多言語設定(i18n)

ローカルにDocusaurus構築

ターミナルで下記実行します。

npx create-docusaurus@latest documents classic

下記表示されるので、yを入力しEnter。

Ok to proceed? (y) 

documentsディレクトリが作成されるので、移動し npm start実行します。

cd documents
npm start

ブラウザで http://localhost:3000にアクセスすると、表示されます。

GitHubリポジトリにpush

GitHubリポジトリにpushします。

リポジトリを新規作成します。

ローカルのDocusaurusを、作成したリポジトリにpushします。

git init
git add .
git commit -m "first commit"
git branch -M main
git remote add origin https://github.com/[ユーザ名]/documents.git
git push -u origin main

以上でGitHubにpushされました。

Netlifyにデプロイ

次にデプロイします。
今回はNetlifyにデプロイします。

[Add new site] -> [Important an existing project]をクリックします。

GitHubをクリックします。

先ほど作成したリポジトリを選択します。

設定し、[Deploy start] をクリック。

以上でデプロイ完了です。URLが発行されます。

参考:URLを変更する場合。

デフォルトでサイト名(URL)はランダムで作成されます。こちらは自由に修正可能です。
修正する場合は、[SIte settings] -> [Change site name]をクリックし、Site nameを修正します。

デフォルト設定を自分用に修正

次にデフォルトの設定を修正します。

ヘッダやフッタのリンクを修正

ヘッダのGitHubリンク

themeConfig:のGitHubリンクを修正

themeConfig:
  ・・・中略・・・
          {
   -         href: 'https://github.com/facebook/docusaurus',
   +       href: 'https://github.com/facebook/docusaurus',
            label: 'GitHub',
            position: 'right',
          },
        ],
      },

フッタのリンク

下記を修正

 footer: {
        style: 'dark',
        links: [
          {

記事のEdit this page のリンク先修正

docusaurus.config.jsの修正

 presets: [
    [
      'classic',
      /** @type {import('@docusaurus/preset-classic').Options} */
      ({
        docs: {
          sidebarPath: require.resolve('./sidebars.js'),
          // Please change this to your repo.
          editUrl: 
 -           'https://github.com/facebook/docusaurus/tree/main/packages/create-docusaurus/templates/shared/',
 +           'https://github.com//[ユーザ名]/documents/edit/main/',
        },
        blog: {
          showReadingTime: true,
          // Please change this to your repo.
          editUrl:
-            'https://github.com/facebook/docusaurus/tree/main/packages/create-docusaurus/templates/shared/',
+            'https://github.com//[ユーザ名]/documents/edit/main/',
        },

[Edit this page]クリックで、GitHubのeditページへ遷移するように設定した。
(不特定多数のユーザに編集させたくない場合、権限等の設定に注意してください。)

https://youtu.be/066LINJ9OnU

試しにドキュメント追加

docsディレクトリ配下にmdファイルを配置します。

今回は、demo.mdを追加しました。

ファイル

画面

メモ

  • Markdown Headersにはサイドバーの表示位置を記載
    sidebar_position: 1
  • H1がタイトルになる

docusaurus.config.jsの修正

docusaurus.config.jsにサイトURLを記載する必要があります。また、サイト名やorganizationName等の記載もあるので、併せて修正します。

docusaurus.config.jsを下記の通り修正します。

const config = {
-   title: 'My Site',  
+   title: 'My documents',
   tagline: 'Dinosaurs are cool',
-   url: 'https://your-docusaurus-test-site.com',
+   url: 'https://my-documents.netlify.app/',
  baseUrl: '/',
  onBrokenLinks: 'throw',
  onBrokenMarkdownLinks: 'warn',
  favicon: 'img/favicon.ico',
-   organizationName: 'facebook', // Usually your GitHub org/user name.
+   organizationName: 'KoushiKagawa', // Usually your GitHub org/user name.
-   projectName: 'docusaurus', // Usually your repo name.
+   projectName: 'documents', // Usually your repo name.

Meta tag設定

各mdファイルのMeta tag設定を確認します。
Meta tagは、mdファイルのheaderに下記を追加することで設定できます。

---
sidebar_position: 1
title: Tutorial Intro
description: A short description of this page
keywords: [keywords, describing, the main topics]
---

Blogの設定

Blogの設定をします。

authorの設定

/blog/authors.yml に下記追加します。

Koshi:
  name: Koshi Kagawa
  title: PM
  url: https://github.com/koushikagawa
  image_url: https://avatars.githubusercontent.com/u/19630409?v=4

2019-05-28-first-blog-post.md の修正

試しにデフォルトの 2019-05-28-first-blog-post.md を修正します。

---
slug: first-blog-post
title: First Blog Post
authors: Koshi
tags: [docusaurus]
---

I used docusaurus.

It is useful because it is simple and lacks markdown.

How to get started is summarized in [zenn](https://zenn.dev/koushikagawa/scraps/6f38fbc8a2b3ee).

また、ファイル名を 2022-04-22-first-blog-post.md に修正する。

反映されました。

Tips:Blog不要な場合

Blogが不要な場合は、下記で対応できます。

  • blogディレクトリを削除
  • configファイルより blog: false に修正する。
**And if you don't want a blog**: just delete this directory, and use `blog: false` in your Docusaurus config.

多言語設定(i18n)

多言語設定を行います。
今回は下記で設定します。

  • 主言語:英語(en)
  • 複言語:日本語(ja)

config設定

docusaurus.config.js に下記追加します。

const config = {
  title: 'My documents',
  tagline: 'Dinosaurs are so cool',
  ・・・中略・・・

+  i18n: {
+    defaultLocale: 'en',
+    locales: ['en', 'ja'],
+  },

翻訳ドキュメントの配置ディレクトリ作成

翻訳するドキュメント(今回は日本語)を配置するディレクトリを作成します。

下記実行します。

npm run write-translations -- --locale ja

すると、下記ファイルが作成されます。

[INFO] 56 translations will be written at i18n/ja/code.json.
[INFO] 4 translations will be written at i18n/ja/docusaurus-theme-classic/navbar.json.
[INFO] 9 translations will be written at i18n/ja/docusaurus-theme-classic/footer.json.
[INFO] 3 translations will be written at i18n/ja/docusaurus-plugin-content-blog/options.json.
[INFO] 3 translations will be written at i18n/ja/docusaurus-plugin-content-docs/current.json.

次に、翻訳したファイルを作成します。
デフォルトで存在する /docs/intro.mdを翻訳ディレクトリにコピーします。

cp docs/intro.md i18n/ja/docusaurus-plugin-content-docs/current/intro.md

i18n/ja/docusaurus-plugin-content-docs/current/intro.mdを日本語にします。

---
sidebar_position: 1
---

# 日本語Intro
翻訳されたmdファイル

localで確認する

ローカル環境でi18n確認するためには、下記実行します。

npm run start -- --locale ja

http://localhost:3000 で確認できます。

https://youtu.be/vG_y6Ijk8ZM

Blogのi18nについて

Blogの翻訳については、/i18n/ja/docusaurus-plugin-content-blog/ 配下に同様のファイル名を作成し、ローカライズすればOKです。


TODO

今後追記したい内容です。

  • Algolia連携
    Docsearchを利用したく、現在利用申請中です。申請されたらドキュメント追加します。

参考

Docusaurus利用にあたり参考になるサイトです。私もこちらのドキュメントを参考にしました。ありがとうございました。

https://docusaurus.io/docs

https://zenn.dev/ningensei848/articles/docusaurus_intro

Discussion

ログインするとコメントできます