🦔

Developers Summit 2021 の「Zenn 個人開発の限界に挑んだ話」で学んだこと

1 min read 2

はじめに

本稿は、Developers Summit 2021 の以下のセッションで学んだことを書きます。

セッション名:Zenn 個人開発の限界に挑んだ話
講演者:catnose
セッション詳細:https://event.shoeisha.jp/devsumi/20210218/session/3082/

学んだこと

Zenn のコンセプト

  • 記事と本を公開できる
  • 本は有料で販売できる
  • 知見を記事に、得意分野の知識は本で販売、サポートで著者を応援
  • Scrapsというスレッド形式で試行錯誤のメモを足していける(詳細はこちら)

NoteとQiitaでは足りない点があり、自分が必要だと思ったからこそ作った。

競合ばかり意識していると競合と同じようなサービスになってしまう。
(ZennはQiitaをあまり参考にしないようにした)

強い強豪がいる状態で、作り込みが足りないプロダクトに、ユーザーが付き合ってくれるかは怪しいため、かなり作り込んでからリリースという戦略。

Notionで実現するアイテムを管理。
仕様はmd形式で作成。

サービス名は、以下が大事。

  • 読み方分かる
  • 覚えやすい
  • 英語圏でも通用
  • ググラビリティ高い

Railsで開発した理由は、参考のオープンソース多く、実装スピードが速いから。
(個人開発はスピードが大事)

表示速度がサービスの成功に直結するかというと、そうではないかもしれないが、速いと気持ちが良いので、最初からパフォーマンスにこだわって開発した。

GitHubで投稿コンテンツを管理することで、好きなエディタ、プルリク受付、他メディアへの移行など、様々なメリットがあるため実現した。

まとめ

パフォーマンスへのこだわりは本当に素晴らしいと思いました。
初めてZennを触ったときに、表示速度が超早くてびっくりしました。
こういうこだわりが、素晴らしいプロダクトの一端にもなっているのかなと思いました。

Discussion

記事になるまでが速すぎる…w ありがとうございました。

記事になるまでが速すぎる…w

セッション終了と同時くらいに投稿してますねw
個人開発における戦略やこだわりなどの考え方が、とても勉強になりました♪

ログインするとコメントできます