📑

Zennのスクラップ(Scraps)の使い方

commits1 min read 8

このページでは、ZennのScraps(スクラップ)機能について紹介します。

Zenn Scrapsとは

スレッド形式で情報を足していく

スクラップは、スレッド形式で知見やメモをまとめていく機能です。最初にテーマを決めてスクラップを作成したら、あとは自分の好きな単位で、好きなときに情報を足していきます。

記事よりもっと気軽に

記事や本は「学んだことを後から振り返る形」で書くことが多いと思います。スクラップは、今まさに取り組んでいる物事や、まだ解決方法が分かっていない問題、学習ログについて、気軽に残していくのに最適です。

他のユーザーとの情報共有も

スクラップの作成者は「他のユーザーがそのスクラップへのコメントできるかどうか」を設定できます。特定のテーマについての意見交換の場や、公開した本のフォーラムとして使うのも良いでしょう。

問題が解決したらクローズする

スクラップには「Open」と「Closed」というステータスがあります。情報がまとまったときや問題が解決したとき、フォーラムを閉じるときなどにクローズしましょう。

他の人の助けを借りる

記事や本と同じように、スクラップにはトピック(タグ)を紐付けることができます。GoAWSなどの技術的なトピックだけでなく、以下のようなトピックも紐付けてみましょう。

  • question:他の人からの意見やアイデアを募りたいときに
  • helpwanted:問題の解決方法が分からないときに
  • ama:他の人からの質問を受け付けるときに(Ask Me Anything)

今後、これらのトピックを持つスクラップを見つけてもらいやすいように改善する予定です。

スクラップをアーカイブする

作成者はタイトル横のメニューからスクラップをアーカイブできます。アーカイブしたスクラップは一覧から非表示になり、作成者以外は見ることができなくなります。

アーカイブしたスクラップ一覧は本人に限りhttps://zenn.dev/ユーザー名/scraps/archivedで見ることができます。

Scrapについてのリンク

GitHubで編集を提案

この記事に贈られたバッジ

Discussion

スクラップが消せないのはどういう意図があってのことでしょうか?
記事を書く際のメモ代わりにスクラップを使ったところ
消せなくて驚きました。(アーカイブじゃなくて消したい)

誤って削除してしまった場合に復元できるように「アーカイブ」という形式を取っています。
作成者本人以外は閲覧できないため、その方が誤削除の心配がなく安心して操作できるのではないかという判断です。

(ほとんどのZenn登録者が使っていると思われるGitHubで「Issueが削除できない仕様」が受け入れられていると感じたためこのような仕様にしました)

とはいえ、もともと迷っていた部分なので、アーカイブ済みの記事一覧から完全に削除する機能をつけようと思います。

お返事ありがとうございます。
誤削除については記事でも同じだと思うのですが、
あちらは消せますし復元もできませんのでちょっと納得感がないです。
GitHubのIssuesのような使い方を想定されていたことは理解しました。
確かにIssueを削除しようと思ったことはないです。
たぶん私がこの記事を読んで感じた「スクラップ」と
運営さんが想定している「スクラップ」に差異があるんでしょうね。
お手数をおかけてしまい申し訳ありませんでした。

https://zenn.dev/ユーザー名/scraps/archivedからアーカイブされたスクラップを完全削除できるようにしました。

アーカイブを一旦解除してからとか色々とやってみたのですが削除の仕方が判らなかったです。

一覧に「完全に削除する」のリンクを発見しました。
なぜこれだけ他のコンテンツ(記事やコメントなど)と削除の仕様が全然異なるのか…

「記事」にはTechとIdeaの区分がありますが、スクラップにはその種の区別はないのでしょうか?

ZennのUIがかなり気に入ってて、スクラップをメモ?代わりに使っています!
一般ユーザにに見られたくないので、アーカイブして使っているのですが、コメントを更新できないなど、100%メモとして使うのには少し不便さも感じます。
もし可能でしたら、アーカイブでもコメントをしやすくしていただくか、スクラップを「他人に非公開」のような設定があると大変嬉しいです!

いつも楽しく使わせていただいております!ありがとうございます!🔥

ログインするとコメントできます