📢

第 1 回 Japan M365 Dev User Group 勉強会を開催しました

1 min read

この記事ははてなブログに 2020/8/20 に投稿したものの転載です。

はじめに

2020/8/19 に 第 1 回 Japan M365 Dev User Group 勉強会 を開催しました。Japan M365 Dev User Group は今年の 5 月に立ち上げた Microsoft 365 技術者向けのコミュニティで、今回がはじめての開催となります。

https://jpm365dev.connpass.com/event/180105

今回のテーマは Microsoft Teams 開発 ということで 2 人の方にご登壇いただきました。

セッション

武田さん: これで始める!Teams アプリケーション開発 101

日本マイクロソフト株式会社の武田さんに de:code での登壇内容をベースにより踏み込んだ内容のデモを行っていただきました。[1] de:code は 5 月時点でしたが、そこからのアップデート情報も紹介いただき、非常に熱いセッションとなりました。特に先日の Inspire で発表された Teams 会議にアプリを組み込めるというのは気になる内容で、詳細情報を期待したいところです。

小張さん: Teams を利用したメッセージ通知

アドバンスド・ソリューション株式会社の小張さんに Teams でのメッセージ送信について説明をしていただきました。Incoming Webhook は URL に対してリクエストを投げることでメッセージを投稿できる機能で、Postman から投稿するデモを見せていただきました。また、Teams Bot のプロアクティブ メッセージ送信では、実際の開発のコードを見ながらどのように動いているかを紹介いただきました。[2] Bot のほうから先にチャットでメッセージを送るという仕組みをあまり考えたことがなかったので参考になりました。

ライトニング トーク

ライトニング トークはテーマの縛りなく募集したので、SharePoint、Office Scripts、Microsoft Graph といろいろなお題でお話ししていただきました。どれも新しい気付きのある内容でとても参考になりました。

おわりに

Microsoft 365 開発という限られた分野のなかで大勢の方にご参加いただきまして本当にありがとうございます。Microsoft 365 開発に興味がある方がたくさんいらっしゃるということが実感できましたので、これからも継続的に開催していただければと思います。重ねてになりますが、登壇者や参加者のみなさま本当にありがとうございました!

脚注
  1. 101 は「初級編」という意味だそうですよ。知らなかった! ↩︎

  2. コードがいっぱい出てきてあまり追いつけていけませんでした。すみません。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます