💻

Microsoft Teams でアプリ バーに表示されるアプリのピン留めを組織で固定する

1 min read

この記事ははてなブログに 2020/6/23 に投稿したものの転載です。

Microsoft Teams の左側にあるアプリ バーは個人で任意のアプリをピン留めすることができますが、組織として特定のアプリを使ってもらいたい場合、ポリシーとして組織全体または任意のユーザーに対して展開することができます。これは Microsoft Teams 管理センターで行います。

Microsoft Teams 管理センターの Teams のアプリ - セットアップ ポリシー で任意のポリシーを選択します。ピン留めされたアプリ にアプリを追加することで、アプリ バーのアプリを追加することができます。試しに Yammer のアプリを追加して一番上に表示させるようにします。

反映には最大 24 時間かかるそうなので気長に待ちましょう。うまくいくとアプリ バーのところに コミュニティ というアプリが追加され、Yammer を Microsoft Teams のタブとして表示することができます。Yammer と Microsoft Teams は機能が似ているので、Microsoft Teams を使っていると Yammer の利用率が下がってしまうことがあるのですが、これによって Yammer の利用を促進することができると思います。

組織で展開しているカスタム アプリもピン留めできますので、組織として使ってもらいたいアプリを固定することで、Microsoft Teams をより進化したポータル アプリとして使ってもらえるようになると思います。

Discussion

ログインするとコメントできます