🖼️

ゲーミングPCのWindows環境セットアップ

5 min read 2

はじめに

10年くらいMacばかり触ってて、久しぶりにWindowsに戻ってきた人のメモです。同じような境遇の人の何かの参考になれば幸いです。

基本的に個人的メモなのであまり期待はしないでください。購入したPCに関しては、以下記事参照ください。

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2021/09/20/073000

OSセットアップ

最初にLinuxも動くようにしています。Windows環境とは直接関係ないのですが、参考まで。

可能ならWindowsの大型アップグレードを済ませてからLinux環境を構築したほうが良いと思います(アップグレード時にWindowsがLinux領域をぶっ壊すことがあるらしいので)。

https://zenn.dev/karaage0703/articles/0ca67e19aa772e

Windowsライセンス認証

何はなくともWindowsのライセンス認証です。ライセンス登録しないと何か問題なるのかよくわかりませんが、せっかくライセンス持っているのですし、認証して気持ちよく使いましょう。ケース側面に貼り付けているシールを、硬貨で削ると出てくるプロダクトキーを入力します。入力方法は以下参照しましょう。

https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-のライセンス認証を行う-c39005d4-95ee-b91e-b399-2820fda32227

ブラウザインストール

Google Chromeでも良いのですが、最近お気に入りにのVivaldiをインストールします。

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2021/07/09/073000

パスワード管理ソフト「1Password」インストール&サービスログイン

Vivaldi(or Google Chrome)に1Password拡張を入れます。1Passwordに関しては以下記事参照ください。

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2020/12/14/073000

あとは、各種サービスにログインしていきます。

  • Twitter
  • Googleアカウント
  • はてなブログ
  • Instagram
  • Qiita/Zenn

基本は、必要になったらログインしていけば良いかなと思います。

日本語環境セットアップ

Google日本語入力等設定します。以下記事参考にしてください。

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2021/04/19/073000

NVIDIAドライバインストール

GeForce Experienceというアプリで、最新のドライバのインストールや設定の変更ができます。

私の場合は、Windows起動したら勝手に起動しました。

ターミナルインストール

ターミナルソフトとしてHyperをインストールします。サイトにいってインストーラダウンロードして普通にダウンロードします。

https://qiita.com/karaage0703/items/9d53f4ee1ba3db30f620

パッケージ管理ソフト

Windowsにもパッケージ管理ソフトがあるようです。

公式ツールとしては winget というソフトがあるようです。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/package-manager/winget/

インストール方法は、GitHubのReleaseからMicrosoft.DesktopAppInstaller_xxxxxxxxx.msixbundleというファイルをダウンロードして、ダブルクリックするだけです。

少し前まで有名だったのは、Chcolateyですね。Chcolateyは、コマンドラインを管理者モードで起動して、以下コマンドを実行するとインストールできます。

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy Bypass -Command "iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin

エディタ「VS Code」インストール

VS Codeエディタをインストールします。wingetなら以下コマンドでインストールできます。

$ winget install -q vscode --scope machine

Chocolateyの場合は、以下コマンドでインストールできます。

$ cinst -y VisualStudioCode

VS Code自体の使い方は、以下記事参考にしましょう。

https://zenn.dev/karaage0703/books/80b6999d429abc8051bb

タスク管理ソフト「To Do」インストール

Microsoft Storeからインストールできます。「To Do」に関しては以下記事参照ください。

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2020/01/08/073000

NAS

SynologyのNASを使っているので、接続できるようにします。

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2017/03/23/073000

ブラウザで以下入力すると探してくれます。

find.synology.com

ネットワークの追加で、以下のように追加しました。<hostname>は環境に合わせて書き換えてください。

\\<hostname>\photo

Adobe Lightroomインストール

普通にインストールします。2台のPCまでインストール可能なので、MacbookとWindowsに1台ずつインストールしています。

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2019/04/12/073000

Amazon Photos デスクトップアプリ

Amazon Prime Photoを写真のバックアップに使っているのでセットアップします。

https://www.amazon.co.jp/b?node=5262651051

WSL2インストール

以下のサイトを参考にしたらほとんど詰まらずにできました。

https://www.teamxeppet.com/wsl2_win10_install/

https://uepon.hatenadiary.com/entry/2021/09/16/024450

Windows初心者の自分としてのポイントは以下あたりでしょうか。

PowerShellを管理者モードで実行する方法

Windowsボタン(田)+xでメニューを開いてWindowsターミナル(管理者)を選択しましょう。

WSL自体は普通のターミナルからでも実行できます。私は上で紹介したHyperを使っています。

Ubuntuインストールしようとするとerror : 0x800701bcが出る

以下サイトのStep 4を飛ばしています。手動でのアップデートが必要なようです。

https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/install-manual

Ubuntuのインストールはストアからもコマンドからもできる

好きな方で実施すればよいと思いますが、自分はコマンドでインストールしました。

https://uepon.hatenadiary.com/entry/2021/09/16/024450

X Windowsを使いたい場合は2通りの方法がある

xeyesとか実行して、以下のようにX Windowsを表示したい場合の話です。

WSLgを使う

Windows 10 Preview版かWindows 11にアップグレードする必要があります。アップグレードすれば、普通にWSL上でX Windowsが使えるようになります。

https://uepon.hatenadiary.com/entry/2021/09/16/024450

VcXsrvを使う

Windows 10を使う場合は、VcXsrvというソフトを使うことでXを使えるようになります。以下記事のVcXsrvの設定を参考にしました。

https://qiita.com/rkoyama1623/items/de467c6b954a6df638c8

WSLが全然起動しない

一回シャットダウンしたら起動したりしました。

$ wsl --shutdown

WSL2関係でやりたいこと

とりあえずメモです(今後試したい)。

https://twitter.com/karaage0703/status/1445751379843162118

WSL2にDockerインストール

Docker Desktopは有償になったり色々あるので、WSL2にDockerを入れます。

WSL2上で以下実行します。

$ sudo apt install -y curl
$ curl -s https://raw.githubusercontent.com/karaage0703/ubuntu-setup/master/install-docker.sh | /bin/bash

インストールしたら、一旦WSL2を起動しなおして、以下実行します。

$ sudo service docker start

以下コマンド実行して* Docker is runningと表示されたらOKです。

$ service docker status

Gitセットアップ

以下からダウンロードしてインストールします。

https://gitforwindows.org

Unityでエラーが起こる場合、環境変数は以下のサイト通り設定しましょう。

https://www.hanachiru-blog.com/entry/2021/05/24/120000

Python仮想環境構築

WSL上にPython環境を構築します。以下記事のLinuxにインストールする方法を実施すればOKです。

https://zenn.dev/karaage0703/articles/f3254b14898b4d

まとめ

久しぶりにWindowsをセットアップしました。

WSL2は中々良い感じですね。Macは、Linuxに近いターミナル環境があるので好きだったところがあるのですが、Windowsとも差がなくなってきたかもしれませんね。

Python環境としては、Intel CPUならApple SiliconのMacよりWindowsの方がはまりどころ少ないかもですね。

また、しばらくは随時追記、更新していきたいと思います。

参考ページ

https://tomosta.jp/blog/chocolatey/

https://www.go-next.co.jp/blog/web/soft_tool/25006/

関連ページ

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2021/09/27/073000

変更履歴

  • 2021/9/28 wingetに関して追記

Discussion

今からWindowsでパッケージマネージャ使うのでしたらサードパーティーのChocolateyより
公式のwingetの方が良いかも知れません🤔
Storeから入れたら自動でアップデートもかかるし使い方もaptと似てるので覚えやすいです

ありがとうございます!Windowsは詳しくないので参考になります!自分でも試してみたいと思います。

ログインするとコメントできます