⌨️

USキーボードのススメ

3 min read

日々、机に座って日常的に使うツールとして

キーボードに拘ってみよう

ということでキーボードについて熱く語ってみたいと思います。

見出し

1. USキーボードを使い出した理由
2. USキーボードのメリデメ
3. オススメキーボード

僕は普段MacBook Proを使っているのですが、キーボードはUS配列のMagic Keybordを純正のキーボードの上に乗せて使っています。


USキーボードを使い出した理由

プログラミングの授業前に、一度JISキーボードからUSキーボードへ設定がバグって、@マークを押せなくなったことがあったんです。

普段は[P]の横に@ってありますよね?これがUSだとShiftキーを押しながら2を押すと@が打てます。
でも急にバグったのであちこち触っていると結構合理的だということを実感しました。

焦っているので、あちこち触った結果なので偶然の結果なんですが。とにかく設定を直してしばらく純正のままJISキーボードで使っていました。授業始まっちゃうしね。

キーボード交換プログラム対象だった。

という事件がありながら。
僕が使っているMacは、2016年モデルのMacBook Pro【キーボード交換プログラム対象製品】なんですが、キーボードの返りが悪いんです。
断っておきますが、僕は断然Apple信者です。
処理速度など本体は素晴らしいしんですが唯一キーボードの戻りが悪い。お菓子のかけらかプラモのカスなんかが挟まったのか、押しっぱなしの状態に近いくらい(押されてはいない)で固定されてしまい中々使いづらい。。。

どうせ買うならUSキーボードを試してしまおう!!
ということで、US配列のMagic Keybordを買うことにしました。
使ってみた結果は、US配列はプログラマーに向いていると感じました。


USキーボードのメリデメ

記号の配置が合理的でムダがない

「;」と「:」、「’」と「”」、「-」と「_」がそれぞれ同じキーに割り当てられている(Shiftで後者になる)ため非常に直感的でわかりやすい。
また、「(」と「)」、「[」と「]」が隣り合っているなども非常に合理的です。
https://mag.nioufuku.net/2018/12/24/programming/00010-us-keyboard/

メリット

  • Enter、BackSpaceが近い
  • とにかく見た目が美しい
  • 英字と記号しか印字されていないので、とても美しいです。

デメリット
- JISキーボードに慣れていると配列が分からなくなって、タイピングの速度が落ちる。

ということで、次回購入するであろうMacBook Proは最初からUS配列のものを購入したいと思います。


オススメキーボード

1. Apple Magic Keybord US配列

これは非常に打ちやすく、見た目も美しい。
あと持ち運びしやすく、充電も長持ちなので普段はこれを持ち歩いて使っています。

2.Microsoft エルゴノミクスキーボード

※リンクの商品はJIS配列なのでご注意ください。

これは数年前に購入したJIS配列のモデルなんですが、右手と左手が分かれていて、肩幅を広く保つことができるので手首の疲れを軽減してくれて、腱鞘炎を予防してくれます。
最近モデルチェンジしたUS配列の商品は注文したので、届きしたいレビューしたいと思います。

3.Kinesis Advantage2 Quiet LF Ergonomic Keyboard (KB600LFQ) US配列

Advantage2の商品説明はコチラ

このモデル一度は目にしたことありませんか?
人間工学に基づいてお椀型に窪んでいて、すごくカッコ良くオシャレだったので、ポチりました。
こちらの商品は

  • キーの配列をリマップスすることができる。
    - 物理キーとシステムキーを設定変更でっできる。

ただ、配列自体はUS配列なものの独特なので、独特な配列に慣れる必要性はあります。

第一印象はとにかくデカイ(笑)。
キーのリマップも出来るのでカスタマイズでき玄人向けという感じです。
SmartSet App for Advantage2をインストールすれば、画面を見ながら変更もできます。
マクロも設定できるので、フットペダルを組み合わせることにより、プログラミング向けなイメージでした。
ただ、手が大きい人向けなのかな?という印象です。
僕には大きすぎました。


ということでUSキーボードのオススメでした。

Discussion

ログインするとコメントできます