🔥

【HoloLens2】UnityのMRTKのHandInteractionExamplesをビルドして遊ぶ

5 min read

参考記事

こちらのシーンをUnityで開きビルドして遊ぶまで行います。

開発環境

  • Windows10 Home
  • Unity 2019.4.1f1 (LTS)
  • Visual Studio 2019
  • HoloLens2
  • Mixed Reality Tool Kit v2.4.0

事前準備

必要なツールをインストールする

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-reality/develop/install-the-tools?tabs=unity

手順

  • Unity内設定
    • Unityで新しいプロジェクトを作成
    • Switch PlatformでUniversal Windows Platformを選択
    • TextMeshProのTMP Essential Resourcesをインポート
    • Mixed Reality Toolkit をインポート
    • Configure Unity Projectを行う
    • Project Settingsを変更する
    • MRTK Project ConfiguratorのAudio Spatializerを設定する
    • Depth Formatに16-bit depthを選択
    • Package nameを設定
  • Example Sceneの設定
    • HandInteractionExamplesシーンをBuildSettingsに選択
    • Buildする
  • HoloLens2 デバイス用にアプリケーションをビルドする
    • ソリューションファイルを開く
    • 構成を設定
    • PCとHoloLensをUSB接続してビルドする

Unityで新しいプロジェクトを作成

Templatesが3Dに選択されていることを確認して新規作成。

Switch PlatformでUniversal Windows Platformを選択

Unityウィンドウの[File]>[Build Settings]を選択し、Build Settingsを開く。
[Universal Windows Platform]を選択し[Switch Platform]を選択。

少し待つと切り替わる。

TextMeshProのTMP Essential Resourcesをインポート

[Window]>[TextMeshPro]>[Import TMP Essential Resources]を選択

[Import]を選択

Mixed Reality Toolkit をインポート

https://github.com/microsoft/MixedRealityToolkit-Unity/releases/tag/v2.4.0

にアクセス。下にスクロールし

  • Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation.2.4.0.unitypackage
  • Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Examples.2.4.0.unitypackage
  • Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Tools.2.4.0.unitypackage
    をダウンロード。(Toolsは必要ないかもしれません。)

ダウンロードしたら、unitypackageをProjectブラウザにドラッグ&ドロップなどして、importを行う。

Configure Unity Projectを行う

  • [Mixed Reality Toolkit]>[Utilities]>[Configure Unity Project]を選択
  • MRTK Project Configuratorを確認
  • Modify Configurationsを開き、チェックが入っていることを確認
  • Applyボタンを押す

Project Settingsを変更する

  • [Edit]>[Project Settings]を選択する
  • [Player]>[XR Settings]を開く
  • [Virtual Reality Supported]にチェックを入れる
  • [+ボタン]を押して[Windows Mixed Reality]を選択

MRTK Project ConfiguratorのAudio Spatializerを設定する

  • [Mixed Reality Toolkit]>[Utilities]>[Configure Unity Project]を選択
  • Audio spatializerで[MS HRTF Spatializer]を選択
  • [Apply]を選択

Depth Formatに16-bit depthを選択

  • Project Settingsを開く
  • [Player]>[XR Settings]>[Depth Format]にて[16-bit depth]を選択

Package nameを設定

  • Project Settingsを開く
  • [Player]>[Publishing Settings]を開く
  • [Package name]を変更
    • [Package name]はAppの識別子となる。
  • [Product Name]を変更
    • HoloLensのスタートメニューに表れる名前
    • アンダースコアから名前を始めるとソートして一番上に表れる

Example Sceneを設定する

HandInteractionExamplesシーンをBuildSettingsに選択

Projectブラウザから

  • [Assets]>[MRTK]>[Examples]>[Demos]>[HandTracking]>[Scenes]を開く
  • [HandInteractionExamples]を選択し、シーンを開く
  • Build Settingsを開き[Add Open Scenes]を選択

補足: Editor画面中のPlayの動作

この時UnityのPlayを選択すると、Editor上で動作確認ができる

  • 右クリックのままドラッグで視線移動
  • 左クリックのままドラッグでHand操作のシミュレーション

holo

Buildする

Build Settingsを開き

  • Buildボタンを押す
  • (好み) Buildsフォルダを新規作成し、フォルダーの選択を行う

HoloLens2 デバイス用にアプリケーションをビルドする

ソリューションファイルを開く

{ProductName}.slnファイルをVisual Studio2019で開く

構成を設定

[Master]または[Release]構成を選択し、[ARM64]アーキテクチャを選択し、ターゲットとして[デバイス]を選択する。

[デバイス]を選択できない場合、こちらの記事にて対応する。

https://zenn.dev/iwaken71/articles/61315cabf0607d

PCとHoloLensをUSB接続してビルドする

  • PCとHoloLens2をUSB接続する
  • Visual Studio2019の[デバッグ]>[デバッグなしで開始]を選択


配置正常終了したら完了です。

立ち上げキャプチャ

Discussion

ログインするとコメントできます