🔥

【HoloLens2】UnityのHoloLens2アプリのUSBビルドに失敗したときの対処法

1 min read

元記事

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-reality/develop/unity/tutorials/mr-learning-base-02

開発環境

  • Windows10 Home
  • Unity 2019.4.1f1 (LTS)
  • Visual Studio 2019
  • HoloLens2
  • Mixed Reality Tool Kit v2.4.0

手元で起きたこと

HoloLens2向けにUnityでビルドした後にソリューションファイルをVisual Studio2019にて開いたのち、Release構成を選択し、ARM64アーキテクチャを選択したが、ターゲットとして [デバイス] を選択できない!その結果USBビルドできないということがありました。

デバッグなしで開始したら下のようなエラーメッセージが出ます。

(省略)\build\bin\ARM64\Release\GameAssembly.dll を開始できません
(省略)\build\bin\ARM64\Release\GameAssembly.dll は有効な Wind32アプリケーションではありません。

この時の対処法を書きます。

対処法

MRTKTutorial.sinという名前のソリューションファイルの場合、
ソリューションエクスプローラーから、MRTLTutorialを右クリックし
「スタートアッププロジェクトに設定」 を選択。

すると、ターゲットとしてデバイスが選択できるようになります。

補足

こちら、チュートリアルの[注意]に書いておりました。ちゃんと読むのは大事ですね。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-reality/develop/unity/tutorials/mr-learning-base-02

Discussion

ログインするとコメントできます