🐇

暗号資産自動取引bot(Vouquet)の収益報告

2021/12/17に公開約1,500字

こんにちは。

Vouquet発起人の1人、hinoshibaです。
今回は、2021/03/31に紹介したVouquet が約5ヶ月の実働を行いましたので、収益報告をさせていただきます。

Vouquetとは

私hinoshibaがメインプログラマを務める暗号資産自動取引botです。
日本で利用できる暗号資産取引所のAPIを利用し、自動取引を行っています。
記事作成時点では、v0.0.5 をリリース しています。
既に、紹介記事を作成していますので、詳細はこちら をご覧ください。

本記事について

Twitterアカウント、@bitcoin20210208 にて、取引結果を全てツイートさせ続ける予定でした。しかし、2021/05前半のBTC大暴落により、botの一時停止と再起動を行ったのち、Twitterアカウント側の再起動を行うタイミングを失念し、今に至ります。
取引全公開を歌っていたので、公開ができていなかった期間へ対応として、本記事を作成しました。

では、収益の報告です。

稼働結果

まず、本日時点の収益ですが、この5ヶ月で+1万となっています。
5ヶ月で1万は少ないように見えますが、2021/5月頃の大暴落を経験しての本結果であるため、私としては満足しています。

以下が、2021/5月頃から本日までのBTCの価格をトレーダービューでスクリーンショットしたものです。
画像左側が急下落していることが確認いただけると思います。

現在Vouquetで利用している取引ロジックであるDanielは、継続的な短期急上昇や短期急下落に弱い傾向があります。
2021/5月頃は、短期的な急下落が幾度とあり、上記画像のような、急下落期間が出来上がっています。
その為、その期間は大きなマイナスを発生させました。

以下グラフが、実際の収益遷移です。
(青が収益累計で、左軸。オレンジがBTC取引価格で、右軸となっています。)

こちらのグラフからわかる通り、2021/5月中旬までの下落の期間、継続してマイナスを叩き出しています。約10万の損失です。
しかしその後の2021/6月からは、継続的な短期急上昇や短期急下落が発生することなく、プラスに向けて遷移できています。
その為、2021/5月の急下落をイレギュラーと捉えるのであれば、割と継続的に利益を生み出せているのではないでしょうか。

今後のVouquetについて

稼働結果の報告としては以上となります。

なお、Vouquetですが、一旦手元の稼働は停止することとします。
公開できるレベルに話がまとまるかはまだ未定ですが、現在別な収益確保方法を検討中であり、余剰資金をそちらで運用してみようと思います。
このタイミングである理由は、計算の楽さです。
Vouquetを稼働させているサーバは、月額2000円であり、5ヶ月で1万の場合、手元に残るお金は残念なことに0円です。+ー0円である状況は作れており、もろもろの計算都合上ちょうど良い為、一時停止とします。

今後Vouquetを再稼働できるタイミングがあれば、Twitterの再稼働も忘れずに実施しようと思います。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます