では、正規化はどうだろうか。

データを最小値0~最大値1にスケーリングする手法である、
Min-Max normalizationを例にとり解説します。

正規化も、標準化と同様に、手持ちデータはに対して、最小値と最大値が決定されます。
今回のMin-Max normalizationでは、全ての手持ちデータは0~1の値に収まります。
正規化も標準化と同様、最小値と最大値を決定させるため、
最大値、最小値が異なり上手く学習が行えないという問題を解決することができる。