Chapter 02

製品に関する標準化と正規化の仕様用途

(株)ディープブラック
(株)ディープブラック
2022.04.18に更新

上記の図は、経済産業省のホームページに記載されている内容だが、
製品に対して標準化がなされていない場合、左側に記載さられているように、①バラバラの仕様の製品があると普及しにくいと言う問題点がある。
そこでまずは、規格制定をし仕様を統一する。

②合意を形成して規格を制定。

③規格を普及させて、規格利用者の増加を目指す。

標準化が完了した製品は、
④相乗作用を生み出し、市場全体の拡大が望める。

この製品の事例からわかるように、
標準化は製品のばらつきを是正し、市場全体の活性化をもたらす。