【Unity】明るさや雰囲気を調整する方法まとめ

4 min read読了の目安(約4400字

はじめに

Unityは基本のライティングの設定だと綺麗と呼べるには程遠いです。そこで今回は明るくしてゲームの雰囲気を良くする方法をまとめます。画像貼ってますがわかりくいものもあるのでUnityで調整しながらやる事をお勧めします。

調整後↓

DirectionalLight(太陽光)の調整


特にIntencityとStrenghですね。

DirectionalLightを二つ使い、一つをNoShadowにして二方向から日光を照らすという手もあります。

Renderingの設定


Envioroment LightningのSourceではColorもありますがskyboxにするとskyboxの光が反射されてよりリアルになるのでskyboxを選択します。

他に触る場所は特にないです。fogは雰囲気が出るが重めらしいので注意。

SkyBox


調整後↓

Materialを作成→Skyboxのprocedualにする。

Window→LightningからMaterialをSkyboxに当てはめてます。Exposureを調整すると自然光が増します。

ただしこれだと背景が地味なので、テキトーにAssetstoreからダウンロードするやり方も。

1.ダウンロードしたマテリアルをskyboxに当てはめます。

2.SourceをColor

3.Envioromental reflectonをCustomに

するとSkyboxの初期設定の状態から明るさや反射を自分で調整できるようになります。

Post Processing Stack (全体の明るさ、エフェクト)

使い方は説明しないので他のサイトを見てください。いくつかのエフェクトを重要なランキング順に紹介します。またエフェクトについて具体的に知りたい方は公式のUnityマニュアルがわかりやすいです。

1位 Color Grading

有効にすると..↓

柔らかみが増します。ModeをNeutralにしました。ACESやCustomでもおーけーです。

あとは全体の明るさを調整するPostexposure(露光量)とかGammma(光のガンマ)とかも調整してみましょう。

2位 Bloom

有効にすると..↓

明るさがふわっと広がる感じです。

3位 Ambient Occlusion

オブジェクトの周りに影を落とします。よりリアルに見せる事ができる。オブジェクト配置感が消えるように感じます。

有効後↓

4位 Depth Of Field

カメラのレンズのようにぼやける設定です。奥の方をぼやかしてます。

5位 Vinette

有効後↓

外枠の端を黒くします。画像だとわかりにくいですが人間の視界の様になり焦点が定まりやすくなったように感じます。

あとのエフェクトに関してはあまり使わないようなものでした。

post process Layerコンポーネントでアンチエイリアスモードも設定可能です。SMAA→FXAA→TAAの順にコスパが良くなっています。TAAが公式ではコスパが良く、アンチエイリアスも効くと書いてある。有効にしたのですが、実際にプレイすると見た目にボヤがかかってしまったのでNoAnti-aliasingにしました。

Bakeする

Bakeとは光を張り付けておくことでパフォーマンスがむちゃくちゃ良くなる

autoだと毎回Bakeしてしまい、シーン上のオブジェクトがきれいに描画されるまでものすごく時間かかるのでおすすめしない。

staticにする

LightコンポーネントのModeをRealtimeかMix(staticでないものはRealtimeになる)かBakeにするか確認

RealTimeとBakeしたものだとかなりFPSが変わってしまうという調査結果もあったのでできるだけBakeかMixに。

オブジェクトのGeneraLightMapUVsにチェック入れる。

長いBake時間を短くするには,resolustionとsizeを20,512ぐらいに下げる。デフォルトだと40,1024です。

既にBakeされたデータを消してレンダリングをリアルタイムにしたい場合はLightningのGnerateLightningの三角ClearBakedDataからできます。

最後、ゲームが完成した時にパラメーターを戻してもう一度焼けばオーケー。

Qualityの設定

Edit→project settingからQualityを選択します。

PixelLightCountを4から15程度に上げます。

antialias(ギザギザをなくす事)で4xとかにするとより滑らかに。

オブジェクトのMetarialの設定を変更する

MetalicとSmoothnesは特に変更しましょう。

Specular Highrights鏡面反射させるかどうかも確認します。Emissionは光らせる処理ですがそこまで重くないらしいです。

またローポリモデルの場合、インポート設定で滑らかにするとより綺麗になります。

https://daichi-no.blog/2020-07-08-202951/

Terrainの地面を綺麗に表現する

地面はかなり見た目を占めているのでね..

そんな良いわけではないですが、単色とは大違いです。


法線マップを含んだレイヤー5種類を混ぜて塗っています。

最後に

関係ないんですがUrealEngineの方がグラフィックが綺麗だと感じるのでそっちも興味湧いています。

以上です。他に設定できる項目が見つかればまた更新します!お疲れさまでした!