Rust ではじめる Twitter API

Rust ではじめる Twitter API

Twitter API を Rust で扱う際のチュートリアル的なものです。 ツイートの取得、作成、削除の3つを例に、既存のラッパーライブラリは使わずに、自前でHTTPリクエストを生成するところからやります。 OAuth 1.0 に関しても仕様を読み解きながら一から実装を試みています。 付録として、新しくなったデベロッパー 登録の申請フローもキャプチャ付きでまとめています。 最後に、実装したものをCLIツールとしてまとめて、ターミナルからツイートの取得、作成、削除ができるアプリケーションにしました。 Twitter API をこれまで扱ったことがない人、使ったことはあるけど Rust で実装してみたい方におすすめの一冊です。 Rustの習熟度としては、一通り文法を知っているレベルで十分かと思います。

Author
/bin/zsh

5年の間にSIer, フリーランス, スタートアップ(CTO), クラウドベンダー(SA)というキャリアを流れてきました。 バイブスでコードを書いています。

Topics
公開
本文更新
文章量
51,712
価格
300