🤖

Zennの記事をCLI経由(GitHub)で投稿する方法おさらい(よく忘れるWinユーザー向け)

2022/03/08に公開約1,800字

主に自分用記事です。
新規端末セットアップなど、環境再構築が必要になった際にも使えるはず。

基本的には公式を読めばいいけど、もっと簡略化したいのでまとめました。
初トライの人は公式を読みましょう。急がば回れです。

前提条件

  • Windowsユーザー
  • 一度はGitHub経由でZenn記事を投稿したことがある人
  • Zenn-GitHubリポジトリ連携は終わっている人
  • インストール済み
    • GitHub CLI(winget install github.cli)
    • Node.js(winget install OpenJS.NodeJS)
    • Visual Studio Code(winget install Microsoft.VisualStudioCode)
    • Git(winget install Git.Git)
  • PowerShellに耐えられる人

  1. GitHubからファイルを拾ってくる(過去のファイルが不要な人は2にスキップ)
    1. PowerShellで任意の作業フォルダに移動する
    2. GitHubからファイルを取得
    gh auth login
    # ? What account do you want to log into? GitHub.com
    # ? What is your preferred protocol for Git operations? HTTPS
    # ? Authenticate Git with your GitHub credentials?  Yes
    # ? How would you like to authenticate GitHub CLI? Login with a web browser
    # ! First copy your one-time code: 0000-XXXX
    # Press Enter to open github.com in your browser...
    # ✓ Authentication complete.
    # - gh config set -h github.com git_protocol https
    # ✓ Configured git protocol
    # ✓ Logged in as GitHub-ID
    gh repo clone #GitHubID/zenn-contents #作成済みのユーザー名/リポジトリ名
    
  2. コマンド実行
#クローンしたフォルダに移動(1を飛ばした人は作業フォルダに移動)
cd c:\zenn-contents

#初回だけ実施(zenn-cliのインストール)
npm init --yes
npm install "zenn-cli"
npx zenn init

#2回目以降はこここから実施
$ret = npx zenn new:article
$md = "articles/"+$ret.split("/").split(".")[1]+".md"
#$md = "articles/"+$ret.split("/.")[1]+".md"
#VSCodeで編集
code $md
#プレビュー表示(VSCodeの拡張機能にあるので不要)
#start powershell "npx zenn preview"
#start "http://localhost:8000/"
  1. 記事の作成が完了したら・・・
    1. Markdownファイルのpublished:falseをtrueに変更して保存
    2. PowerShellでGit操作
    git add $md
    git commit -m "comment"
    git push
    
  2. 記事が公開されたことを確認

おしまい

Discussion

ログインするとコメントできます