🍉

Windows11からLinuxへの疎通確認

2022/06/26に公開約800字

Windows11環境からRHEL7環境の特定ポート番号に対して疎通確認を行います。
今回は Test-NetConnection コマンドを利用します。

PowerShellを起動する

疎通先のサーバで通信を待機する

Linux環境で下記コマンドを実行し、疎通確認したい特定ポート番号で受信の準備をする

# nc -lt4 50001

PowerShellから特定ポート番号に接続する

PowerShellで下記コマンドを実行し、疎通先に接続する

$ Test-NetConnection [IPアドレス] -Port [ポート番号]

Sample

TcpTestSucceededTrue であれば疎通成功
False の場合は疎通失敗

余談:うまくいかなかった時の試行錯誤

  1. Linux環境側での待機を行わずPowerShellからの疎通確認を実行したが接続失敗
  2. ポート番号 22 を指定しSSH通信を確認したところ疎通成功
     -> Linux環境の指定ポート番号で通信を待つ相手がいないから失敗するのでは?
  3. Linux環境で下記コマンドを実行するもエラー
# nc -l 50001
Ncat: socket: Address family not supported by protocol QUITTING.

要求されたプロトコルと矛盾するアドレスが使用されています。 ということで対象をIPv4に限定するため下記のコマンドを実行

# nc -lt4 50001

オプション -4Use IPv4 only を指す
他にもヘルプからオプション一覧を確認することができる

  1. 以降、成功時の手順で疎通確認が完了

Discussion

ログインするとコメントできます