aym613

aym613

システムエンジニア ユーザが幸せになれる価値あるプロダクトを開発すること それをチームで実現しつづけたい