🪟

Windows: open-shellをインストールする

commits2 min read

Open-Shellについて

Open-Shellは、Windows 8,Windows 10などの環境でWindows XPやWindows 7スタイルのスタートメニューを追加するツールです。

元々は、Classic Shellというツールでしたが、Classic Shellは開発が止まったため、新たにOpen-Shellという名前でOSSとして開発されました、
現在は、GitHub上で開発が続けられています。

Open-Shellのインストール

Open-Shellをダウンロードする

Open-ShellはGitHubのOpen-Shell/Open-Shell-Menuからダウンロードできます。次の手順で、Open-Shellをダウンロードします。

  1. GitHub/Open-Shellにアクセスします。

    Open-Shell

  2. Downloadsをクリックし、Open-Shellをダウンロードします。

  3. 以上で、Open-Shellのダウンロードは終了です。

Open-Shellをインストールする

次の手順でOpen-Shellをインストールします。

  1. Open-Shellインストーラを起動します

    Open-Shell Setup

  2. ライセンスを下までスクロールし、License Agreementに同意します。

    End-User License Agreement

  3. Custom Setupを選択し、Classic IEのチェックを外します。また、インストール先を"C:\Program Files\Apps\Open-Shell"に変更します。

    Custom Setup

  4. Open-Shellをインストールします。終了ダイアログが表示されるので、Finishをクリックします

    Open-Shellセットアップ

  5. 以上でインストールは終了です。以後、WindowsアイコンをクリックするとWindows 7スタイルのメニューを表示します。

    <sub>Windows 11ではアイコンをクリックしてもメニューは表示されません。Windowsキーを押下すると表示されます</sub>

Open-Shellのカスタマイズ

Open-Shellをカスタマイズする

Open-ShellはOpen-Shell Menu settingsアプリでカスタマイズします。
次の手順で、Open-Shellをカスタマイズします。

  1. スタートメニューから、**[Open-Shell Menu Setting]**を開きます。

    Settings for Open-Shell Menu

  2. [Start Menu Styke]では、**[Windows 7 Style]**を選びます。同様に、[Replace Start Button]をチェックします。

  3. 必要であれば、そのほかの項目も設定します。[Show all settings]をチェックすると、さらに細かい設定も出来ます

  4. [OK]をクリックし、設定を**"Open-Shell Menu"**に適用します。

以上で、Open-Shellのカスタマイズは終了です。設定した項目は、XMLファイルとしてバックアップできます。

参考用に、自分の設定を下記に載せておきます。

Menu-Settings.xml

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます