🪆

Windows: wingetでオプション付きで、アプリをインストールする

1 min read

はじめに

wingetでは、インストール時にオプションを指定することができます。とはいえ、まだ開発プレビューなので、すべてがうまく動いているわけではありません。

この記事では、知っていると便利であろうオプションの解説をします。 winget v1.0.11694で試した結果に基づいています

基本的なインストール構文

wingetは、次の構文でアプリをインストールします。

winget install <package> [<オプション>]

<package>は、インストールするアプリのパッケージを指定します。指定の仕方は、wingetでの基本的なアプリのインストール方法を参照してください。

<オプション>は、インストーラの細かな動作を指定します。よく使うであろうオプションは、この記事で解説します。

よく使うオプション

よく使うであろうオプションを、以下で解説します。

  • --help

    install コマンドで使える各オプションについて出力します

    winget install --help
    
  • -i, --interactive

    対話式のインストールを行います。ユーザーの入力が必要となる場合があります。

    winget install <package> --interactive
    
  • -h, --silent

    サイレントインストールを行います。パッケージが対応している場合

    winget install <package> --silent
    
  • -o, --log

    指定したログファイルにインストールログを出力します。

    winget install <packag> --log <logfile>
    
  • -e, --exact

    英語の大文字小文字もふくめ、入力したキーワードに完全一致するパッケージをインストールします。主にidでパッケージを指定します

    winget install --exact <package>
    
  • -v, --version

    指定したバージョンのパッケージをインストールします。このオプションを指定しない場合、最新バージョンをインストールします

    winget install <package> --version <version>
    
  • -l, --location

    オプションで指定された場所に、アプリをインストールします。パッケージが対応している場合

    現在、空白をふくむフォルダーには対応していません

    winget install <package> --location <installDir>
    
  • --override

    パッケージのインストーラにオプションを指定します。複数のオプションを指定したい場合は、引用符で括ります

    winget install <package> --override <installOption>
    

リンク

以下のリンクが参考になります。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます