😅

GitHub ActionsでFTP接続したサーバーへデプロイするのを自動化

2022/08/23に公開約1,100字1件のコメント

GitHubからWebサーバーなどに自動でファイルをうpする方法です。

方法

はい、めっちゃ簡単でこれを見ればわかるんですが、微妙に完結に簡単な感じで説明します。
まず例のこれに書いてあるやつを改変して

/.github/workflows/main.yml
on: push
name: 🚀 Deploy website on push
jobs:
  web-deploy:
    name: 🎉 Deploy
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - name: 🚚 Get latest code
      uses: actions/checkout@v2
    
    - name: 📂 Sync files
      uses: SamKirkland/FTP-Deploy-Action@4.3.1
      with:
        server: ${{ secrets.ftp_server }}
        username: ${{ secrets.ftp_username }}
        password: ${{ secrets.ftp_password }}

そして

server: ${{ secrets.ftp_server }}
username: ${{ secrets.ftp_username }}
password: ${{ secrets.ftp_password }}

の所をGitHubで設定していきます。

こっからNewなんとかで ${{ }} の中のやつを

ここのNameに ${{ }} の中にあるやつを書いて
Valueに secrets.ftp_server にFTPのアドレスを書いて secrets.ftp_username にFTPのユーザーの名前を書いて secrets.ftp_password にFTPのユーザーのパスワードを書きます。

まとめ

こんな感じでざっくりした説明ですが許してください。
めっちゃすぐ思いついて書いた記事なので生温かい目で見てあげてください。

Discussion

もしかしたら全て間違ってるかもしれない

ログインするとコメントできます