WindowsのVSCodeでWSL(Ubuntu)環境を構築

1 min read読了の目安(約1200字

出来るようになること

Ubuntuでしか利用できなかったものがWinows上でも利用できる

  • C++のコンパイル/実行をWSLでできる

公式解説

Microsoftが公式に解説しているものがあるので、うまくいかなければ公式の方を参考にしてください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/tutorials/wsl-vscode

WSL(Ubuntu)のインストール

WSL(Windows Subsystem for Linux)はWindows上でLinux(Ubuntu)を利用できるものです。

Microsoft公式の解説に従ってWSLをインストールしてください

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10#manual-installation-steps

VSCode

テキストエディタVSCodeも入れてください。

https://code.visualstudio.com/

wget ca-certificatesをUbuntuでインストール

sudo apt update
sudo apt install wget ca-certificates

拡張機能のインストール

VSCodeの拡張機能Remote Developmentをインストールします。

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ms-vscode-remote.vscode-remote-extensionpack

プロジェクトの起動(GUI操作)

  • VSCodeを開く
  • 左下のリモートウィンドを選択
  • Open Folder in WSLを選択
  • WSLで開発したいプロジェクトのフォルダー選択
  • 左下のリモートウィンドWSLという表記になってプロジェクトが表示されていれば成功

注意点

  • VSCodeの拡張機能はWindowsとWSLで異なり、WSLで使いたい際には別途インストールが必要です。