💵

試しにビットコインを買おうとしてみる (2021年6月失敗編)

1 min read 1

エルサドバドルがビットコインを法定通貨にすると決めたり、ある暗号資産の価値が暴落したりするのをみかけて、僕もそろそろビットコインの購入を試してみようと思ったのでした。アメリカ合衆国ハワイ州に住んでいて銀行口座やクレジットカードを持っているのですが、なかなか大変で今回は諦めました。その記録です。

交換業者の選定

まずは有名どころから試してみました。Coinbase。アカウントの登録をしようとすると、coinbaseはハワイ州はサポートしないとのこと。ハワイ州の、アカウント保護のために法定通貨を準備ししておく必要があるという法律に対応するのは現実的ではないと判断したとのことです。

しばらくして、ハワイ州のDigital Currency Innovation Labに参加して、法定通貨の準備を免除されている交換業者があることがわかりました。このプログラムが終わってしまっても影響を受けづらいよう、できるだけハワイ州と関わりの少ない業者を選んでみることにしました。CEX.io

アカウントの作成

CEX.ioでのアカウントの作成はメールアドレスとパスワードのみで完了しました。ビットコインの購入のための支払い手段としてクレジットカードを登録するためには、社会保障番号を登録して、運転免許証や自撮り顔写真のアップロードの必要がありました。銀行間送金のためには、さらに、電気代の請求書などをアップロードして住所の確認をする必要がありました。

送金

CEX.ioでのビットコインの購入にはクレジットカードを利用することができます。が、手元の2枚のクレジットカードはどちらもCEX.ioからの請求は承認されませんでした。

CEX.ioでのビットコインの購入には銀行間送金を利用することもできます。が、口座を持っている銀行では銀行間送金(Wire Transfer)には一律$40の手数料がかかるとのことでした。$100を送金するには手数料が高すぎるので諦めました。スーパーに窓口を開いていて送金を主な業務にしている銀行に依頼しようとすると、送金先の情報が足りないとのことでした。

Discussion

はじめまして。私もハワイ在住ですが、GeminiとFTX.usは問題なく使えています。あとSquareのCashアプリも使いやすくて良いと思います。ご参考までに。😀

ログインするとコメントできます