🗣️

Amplify Predictions(Amazon Transcribe)で多言語対応した音声文字起こしサイトを作る

2022/12/16に公開

こんにちわ。 ZUMA です。

Next.js と Amplify Predictions カテゴリの Amazon Transcribe を使って多言語に対応した音声文字起こしサイトを作ってみます。

以下成果物になります。

動作環境はローカルですが、ものすごい短い文章でも文字起こし結果レスポンスは日本語より英語の方が速かったです。

https://www.youtube.com/watch?v=zIn1YAnB1mQ

Amazon Transcribe は音声をテキストに自動的に変換するサービスです。

2022/12/15 現在、実に 37 言語に対応しています。

https://docs.aws.amazon.com/transcribe/latest/dg/supported-languages.html

Amplify Predictions カテゴリの Amazon Transcribe はリアルタイム音声文字起こしが出来る Amazon Transcribe Streaming を使用しています。

https://docs.aws.amazon.com/transcribe/latest/dg/streaming.html

調査した所、Amazon Transcribe Streaming に対応している言語は 17 言語でした。

今回作るサイトは文字起こしをする対象言語、全 17 言語の切り替えが出来るようにしてみたいと思います。

実行環境

  • Node
    • 16.13.0
  • npm
    • 8.1.0
  • Next.js
    • 13.0.5
  • Amplify CLI
    • 10.5.2

Amazon Transcribe 音声処理の事前知識

冒頭に述べたように、Amplify Predictions カテゴリの Amazon Transcribe はリアルタイム音声文字起こしが出来る Amazon Transcribe Streaming を使用しています。

実際にブラウザから Amazon Transcribe へのリクエスト URL を見ると以下のように websocket 通信で stream 処理をしています。

media-encoding=pcm クエリが付いていることから、PCM データを送信する必要があります。

wss://transcribestreaming.ap-northeast-1.amazonaws.com:8443/stream-transcription-websocket?media-encoding=pcm&sample-rate=16000&language-code=en-US&X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256&X-Amz-Credential=ASIATNKHGROELN3BCD6P%2F20221213%2Fap-northeast-1%2Ftranscribe%2Faws4_request&X-Amz-Date=20221213T....

通常、ブラウザ経由で音声録音をする時は Web 標準 API の MediaRecorder、React Audio Recorder などのパッケージを使用するかと思います。

これらのライブラリはブラウザ経由でマイクから音声録音、 WAV の音声ファイルを出力することができます。

ですが、Amazon Transcribe Streaming は WAV にする前の生 PCM データを Websocket でやり取りします。

Amazon Transcribe Streaming に 音声 PCM データを投げるに当たって microphone-stream パッケージを使用して音声 stream を取得する必要があります。

以下公式のサンプルでは録音停止ボタンクリックをトリガーに溜まった音声 PCM データを Amazon Transcribe Streaming に投げて文字起こしをしています。

https://docs.amplify.aws/lib/predictions/sample/q/platform/js/

サンプルではリアルタイム音声処理を行っていないにも関わらず、音声 stream に流れてくる buffer を配列で管理しなければならない為やや煩雑に感じます。

Amazon Transcribe の Batch 処理では素直に WAV や mp3 の音声データをリクエストして文字起こしが出来ます。

https://docs.aws.amazon.com/transcribe/latest/dg/how-input.html

リアルタイム音声処理をしないユースケースでは Amplify Predications カテゴリでは無く、Amazon Transcribe の Batch 処理の実装を検討しても良いかもしれません。

また GCP の文字起こしサービス、Cloud Speech-to-Text も収録した音声 WAV データ、 mp3 やその他様々な音声ファイルを POST で投げて文字起こしが出来ます。

https://cloud.google.com/speech-to-text/docs/encoding

Next.js プロジェクトを作成する

以下コマンドを実行して Next.js プロジェクトを作成します。

npx create-next-app@latest --ts --use-npm --eslint nextjs-amplify-speech-to-text

プロジェクトルートディレクトリへ移動します。

cd nextjs-amplify-speech-to-text

Amplify 関連パッケージをインストールします。

npm install aws-amplify @aws-amplify/predictions

音声の stream 処理をする為、 microphone-stream パッケージをインストールします。

npm install microphone-stream

Amplify を設定する

Amplify Predictions カテゴリを使用する為には Amplify Auth カテゴリを追加する必要があります。

Amplify Auth カテゴリを追加する

前提として amplify configure で Amplify で使用する AWS リソースにアクセス可能な IAM ユーザーは作成済みとします。

また、 amplify init で Amplify の初期化済みとします。

プロジェクトルートで以下のコマンドを実行して Amplify Auth カテゴリを追加します。

amplify add auth

Cognito の設定は最低限メールアドレスとパスワードのみの認証とします。

Using service: Cognito, provided by: awscloudformation

 The current configured provider is Amazon Cognito.

 Do you want to use the default authentication and security configuration?
❯ Default configuration
  Default configuration with Social Provider (Federation)
  Manual configuration
  I want to learn more.
 How do you want users to be able to sign in?
  Username
❯ Email
  Phone Number
  Email or Phone Number
  I want to learn more.
 Do you want to configure advanced settings? (Use arrow keys)
❯ No, I am done.
  Yes, I want to make some additional changes.
✅ Successfully added auth resource nextjscognitomiddlewe0c8d7ed locally

✅ Some next steps:
"amplify push" will build all your local backend resources and provision it in the cloud
"amplify publish" will build all your local backend and frontend resources (if you have hosting category added) and provision it in the cloud

Amplify Predictions カテゴリを追加する

次に、ユーザーの音声を文字起こしする為、Amazon Transcribe を使えるようにします。

以下コマンドを再度実行します。

amplify add predictions

以下設問は Convert を選択します。

? Please select from one of the categories below
  Identify
❯ Convert
  Interpret
  Infer
  Learn More

以下設問は Transcribe text from audio を選択します。

? What would you like to convert?

  Translate text into a different language
  Generate speech audio from text
❯ Transcribe text from audio

以下設問はデフォルトのままとします。


? Provide a friendly name for your resource (transcription0e88a3c3)

今回はソースとなる音声の言語でした。を選択します。

2020 年 11 月に日本語対応されているはずなのですが、Japanese が選択肢に出てきません。

後で動的に変更出来るように実装しますが、ここは一旦 US English を選択します。


? What is the source language?
British English
❯ US English
French
Canadian French
US Spanish

未認証のゲストユーザーでもアクセス出来ように設定します。


? Who should have access?
Auth users only
❯ Auth and Guest users

カテゴリを追加すると、以下 aws-exports.js に項目が追加されます。

bacend-config.json
    "predictions": {
        "convert": {
            "transcription": {
                "region": "ap-northeast-1",
                "proxy": false,
                "defaults": {
                    "language": "en-US"
                }
            }
        }
    }

以下のコマンドで作成した Amplify Auth と Predications カテゴリをクラウドにプロビジョニングします。

amplify push -y

フロントエンドで Amplify Configure を設定する

公式ドキュメント を参考に Amplify Configure 設定をします。

__app.tsx
import { Amplify } from 'aws-amplify';
import {
  Predictions,
  AmazonAIPredictionsProvider
} from '@aws-amplify/predictions';
import awsconfig from './aws-exports';

Amplify.configure(awsconfig);
Amplify.addPluggable(new AmazonAIPredictionsProvider());

文字起こしカスタムフックを実装する

以下 が今回の肝である Amplify Predictions を使用した文字起こしカスタムフックの実装となります。

翻訳を実行する convertSpeechToText 関数と翻訳結果の値 transcribeText を返却します。

Predictions.convert を呼び出すだけで Amazon Transcribe を使用した翻訳が実行できます。

https://github.com/kazuma-fujita/nextjs-amplify-speech-to-text/blob/main/src/hooks/use-convert-speech-to-text.ts

convertSpeechToText 関数引数の bytes は用意されている BytesSource 型( Buffer | ArrayBuffer | Blob | string のユニオン型)なのですが筆者が試した所文字起こしの実行結果、空文字が返却されてしまいました。

Buffer[] | ArrayBuffer[]型のみ文字起こしが実行されたので、今回 bytes 引数には仕方なく any 型を指定しています。

また、source には後述する翻訳言語選択プルダウンで選択した言語の Language code を設定しています。

音声録音カスタムフックを実装する

以下 microphone-stream パッケージを利用した音声 stream 処理の実装です。

公式サンプルを Typescript 化し、useSpeechToText hook として component から呼び出せるようにしています。

サンプルを単純に Typescript 化しても動作せず何時間もハマったので、一部 any 型で逃げています。。

https://github.com/kazuma-fujita/nextjs-amplify-speech-to-text/blob/main/src/hooks/use-speech-to-text.ts

また、録音停止をトリガーに前述した convertSpeechToText 関数を呼び出して文字起こしを実行しています。

翻訳画面を実装する

デザインは create-next-app で出力される CSS を利用します。

以下文字起こしをする言語選択プルダウンの実装となります。

Select タグの options に Amplify Transcribe Streaming に対応する全言語の言語ラベルと Language code を設定します。

言語選択プルダウンのデフォルト値は日本語の Language code に設定します。

https://github.com/kazuma-fujita/nextjs-amplify-speech-to-text/blob/main/src/data/language-options.ts

https://github.com/kazuma-fujita/nextjs-amplify-speech-to-text/blob/main/src/components/select-box.tsx

以下音声録音コンポーネントの実装です。

useSpeechToText hook を呼び出して録音の開始、終了、文字起こし結果の表示を行っています。

https://github.com/kazuma-fujita/nextjs-amplify-speech-to-text/blob/main/src/components/speech-to-text.tsx

以下プルダウンと音声録音コンポーネントの親コンポーネントです。

https://github.com/kazuma-fujita/nextjs-amplify-speech-to-text/blob/main/src/components/speech-to-text-form.tsx

最後に index.tsx をから入力フォームを呼び出して実装完了です。

https://github.com/kazuma-fujita/nextjs-amplify-speech-to-text/blob/main/pages/index.tsx

Amazon Transcribe の料金

Amazon Transcribe は1か月あたりの文字起こしされた音声データの秒数に基づいた従量課金です。

Batch 処理 と Amplify で使用している Streaming 処理に費用差はなく、0.024USD/分から使用時間によって 0.015USD、0.0102USD と割安になっていきます。

例えば 1 時間の音声処理では 1.44USD となります。

https://aws.amazon.com/jp/transcribe/pricing/

ちなみに、Google の Cloud Speech-to-Text は 1 時間迄無料で、以降基本は 0.024USD となっていました。

https://cloud.google.com/speech-to-text/pricing?hl=ja

まとめ

  • Amplify Predictions カテゴリの Amazon Transcribe はリアルタイム音声文字起こしが出来る Amazon Transcribe Streaming を使用している
  • Amazon Transcribe の対応言語は 37 言語。その中で Transcribe Streaming に対応している言語は 17 言語。
  • Transcribe Streaming は WAV にする前の生 PCM データを Websocket 通信でやり取りする
  • Transcribe Streaming に 音声 PCM データを投げるに当たって microphone-stream パッケージを使用して音声 stream を取得する必要がある
  • 文字起こし処理は Predictions.convert 関数の source に PCM データを指定して呼び出すだけで Amazon Transcribe Streaming が実行できる
  • 料金は Batch 処理 と Streaming 処理に費用差はなく、従量課金制。0.024USD/分から使用時間によって 0.015USD、0.0102USD と割安になっていく
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます