高階関数の反対語は一階関数

2021/09/02に公開約700字

Higher-order function - Wikipedia

In mathematics and computer science, a higher-order function is a function that does at least one of the following:

数学とコンピュータサイエンスにおいて、高階関数とは次のうち一つ以上を満たす関数のことである。

  • takes one or more functions as arguments (i.e. procedural parameters),

一つ以上の関数を引数にとる(言い方を変えれば手続き引数)

  • returns a function as its result.

戻り値として関数を返す

All other functions are first-order functions.

他の関数は一階関数です。

以上が英語版 Wikipedia の冒頭の訳です。ここで first-order を一階と訳しましたが、これは second-order, third-order と続きます。つまり second-order 以上が higher-order となるわけですね。higher-order を高階と訳している以上、他の訳語に変える意味もないので、一階と訳すのが適当であろうと思われます。

論文は英語が基本なので、適切な訳語の無い用語も多いのですが、一階関数という用語を実際に使っている研究者もいらっしゃるようなので、これで良いのではないでしょうか。

民明書房より

執筆日: 2020/03/24

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます