Windows10 が起動しなくなった時にすること(セーフモードが使えない!)

1 min read

Windows が起動しなくなった場合にはまずセーフモードを試します。セーフモードというのは必要最低限の機能で起動するモードで、問題となる機能が「必要最低限の機能」に含まれていなければ、これでバックアップや修復などの手段を取ることができます。

ところが、Windows10 の場合、今までと同じ方法ではセーフモードで起動できなくなっています。ざっと検索してみると、「まず通常モードで起動して~」と書いてあります。

なんだそりゃ!?

意味がわかりません。通常起動できないからセーフモードが必要なわけです。

さすがにそりゃないだろうともう少し調べたところ、このような情報がありました。

Windows 10 のセーフ モードで PC を起動する

「黒い画面またはブランク画面」のところを見てください。

セーフ モードに切り替える前に、Windows 回復環境 (winRE) に切り替える必要があります。これを行うには、デバイスの電源を切ってから、電源を入れる操作を繰り返します。

  1. デバイスの電源を切るには、電源ボタンを 10 秒間押したままにします。
  1. 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。
  2. Windows が起動したという最初の合図 (たとえば、一部のデバイスでは再起動時に製造元のロゴが表示されます) で、電源ボタンを 10 秒間押し続けてデバイスの電源を切ります。
  3. 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。
  4. Windows が再起動したら、電源ボタンを 10 秒間押したままにしてデバイスの電源を切ります。
  5. 電源ボタンをもう一度押してデバイスの電源を入れます。
  6. デバイスが完全に再起動するまで待ちます。これで winRE に切り替わっています。

winRE になったので、次の手順に従ってセーフ モードに切り替えます。

これで安心ですね。
なお、今までと同じ方法が使えなくなったのは「高速スタートアップ」という機能のせいだそうです。

参考:
Windows 10の「シャットダウン」と「再起動」は異なる トラブル発生時は再起動を選ぶべき理由

執筆日: 2019/04/24

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます