Visual Studio でインデントを増やす・減らす

1 min read

Visual Studio で書いていると、オートフォーマットがきくのであまりインデントを増やしたり減らしたりすることはありません。
普通に書いたりコピーペーストすれば自動的にインデントが揃えられますし、何らかの事情でインデントが狂った時も、その行に移動して Ctrl+K Ctrl+F で整形され、適切なインデントに揃えられます。
またはどこでも Ctrl+K Ctrl+D で編集中のドキュメント全体が整形されます。

しかし、たとえば Qiita に投稿する時など、インデントを減らしたい時があります。
その時にはメインメニューから [編集]→[詳細]→[行インデント解除] を選択するとインデントを減らすことができます。
キー操作では Alt+E V D ですね。

さらにしかし、もっと簡単な方法があります。
インデントを減らしたい行を選択して Shift+Tab です。

複数行にも対応していますし、行頭から行末まで選択する必要もありません。インデントを減らしたい行の一部が選択されていればそれで OK です。
ただし、選択されたのが一行だけの場合にはキャレットを行頭に置いてからキーを押す必要があります。

増やす時には Tab です。

よく使うショートカットでありながら、あまり情報を見かけないので書いてみました。

執筆日: 2018/10/15

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます