📚

SliverGrid/SliverList に、綺麗に背景色や BoxDecorationをつける

2022/10/03に公開約2,600字

Flutter 2.3.3(stable)
Dart 2.18.1(stable)

デモ実装
https://github.com/Zudah228/flutter_workspace/tree/master/lib/pages/sliver_tools/sliver_stack

一覧表示などにほぼ必須な CustomScrollView に使用する Sliver ウィジェット。さまざまなものが用意されていますが、背景色をつけるための SliverContainer とか SliverDecoratedBox みたいなものは用意されていません。

それを提供してくれているパッケージがあるので、紹介します。
2022/10/3 現在で、Published 27 days ago で、シェア数も Like 数も多い信頼のおけるパッケージです。
https://pub.dev/packages/sliver_tools
sliver_tools_gif

Stack ウィジェットのような挙動をする、SliverStack を利用して、 children の1つめにSliverPositioned.fill を設定することで実現できます。

SliverStack(children: [
// background
SliverPositioned.fill(
  child: DecoratedBox(decoration: _listDecoration)),

// list
SliverPadding(
	padding: _listTilePadding,
	// 配列が empty の場合の切り替え
	sliver: SliverVisibility(
	  visible: todos.isNotEmpty,
	  sliver: SliverList(
	      delegate: SliverChildBuilderDelegate((context, index) {
	    final todo = todos[index];

	    return Column(
	      children: [
		// ListTile
		_ListTile(todo: todo, toggleArchive: _toggleArchive),

		const SizedBox(
		  height: 16,
		),
		if (todos.length - index == 1)
		  ElevatedButton(
		      onPressed: () {
			for (var i = 0; i < 10; i++) {
			  _add(argTitle: '$i: ${_uuid.v4()}');
			}
		      },
		      child: const Text('add 10 items'))
	      ],
	    );
	  }, childCount: todos.length)),
	  replacementSliver: SliverToBoxAdapter(
	    child: Center(
		child: Text(
	      'No  Data',
	      style: TextStyle(color: _textColor),
	    )),
	  ),
	),
	)
]),

適切に SlilverPadding などを設定していけば、割と自由に デザインすることができます。

使いやすくするために、SliverDecoratedBox として切り出して使うこともできます。

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:sliver_tools/sliver_tools.dart';

class SliverDecoratedBox extends StatelessWidget {
  const SliverDecoratedBox({
    Key? key,
    required this.decoration,
    required this.sliver,
    // 本来の DecoratedBox にはないプロパティなので、これを入れるかは好み
    this.padding,
  }) : super(key: key);

  final Decoration decoration;
  final EdgeInsetsGeometry? padding;
  final Widget sliver;

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return SliverStack(children: [
      SliverPositioned.fill(
          child: DecoratedBox(
        decoration: decoration,
      )),
      if (padding == null)
        sliver
      else
        SliverPadding(
          padding: padding!,
          sliver: sliver,
        )
    ]);
  }
}

その他に、sliver_tools では、複数の Sliver ウィジェットを children として渡せる MultiSliver など(Sliver ウィジェットの切り出しに便利)、色々用意されているので触ってみる価値はあると思います。

Discussion

ログインするとコメントできます