🕌

CSSのDVH(デバイスビューポートハイト): 理解と応用

2023/03/24に公開

現代のウェブデザインは、さまざまなデバイスの対応を重視しています。そのため、デバイスの画面サイズや解像度に合わせてデザインを調整することが重要です。この記事では、CSSのDVH(デバイスビューポートハイト)について解説し、それを使用して効果的なレスポンシブデザインを実現する方法を紹介します。

DVHとは?

DVH(Device Viewport Height)は、CSSにおいてデバイスのビューポートの高さを取得するための単位です。CSSでレイアウトやスタイルを設定する際に、デバイスのビューポートの高さに応じてスタイルを変更することができます。DVHは、特にレスポンシブデザインにおいて、デバイスごとの適切な表示を行うための重要な要素です。

DVHの使用方法

DVHを使うことで、要素の高さをデバイスのビューポートの高さに対して相対的に設定することができます。以下は、DVHを使用した例です。

.header {
  height: 15dvh; /* ビューポートの高さの15%に相当する高さに設定 */
}

この例では、.header クラスの要素の高さが、デバイスのビューポートの高さの15%に相当する高さに設定されます。デバイスのビューポートの高さが変わると、要素の高さも自動的に調整されます。

DVHと他の単位との違い

DVHと他の単位(例えば、ピクセルやパーセンテージ)との違いは、DVHがデバイスのビューポートの高さに基づいていることです。これにより、デバイスごとの違いを考慮したスタイル設定が可能になります。

例えば、パーセンテージ単位で高さを設定する場合、要素の高さは親要素の高さに依存します。これは、親要素の高さがデバイスごとに異なる場合、予期しない表示結果になる可能性があります。一方、DVHを使用することで、デバイスのビューポートの高さに直接関連するスタイルを設定できるため、デバイスごとの適切な表示を実現できます。

DVHを利用したレスポンシブデザインの実践

DVHを用いたレスポンシブデザインでは、さまざまなデバイスや画面サイズに対応したデザインを実現できます。以下は、DVHを活用したレスポンシブデザインの実践例です。

ヒーローセクションの高さ調整

ヒーローセクションは、ウェブサイトの最初のビジュアル要素であり、ユーザーに強い印象を与えるために重要です。DVHを使用して、ヒーローセクションの高さをデバイスのビューポートの高さに応じて調整できます。

.hero-section {
  height: 100dvh; /* ビューポートの高さに合わせて、ヒーローセクションの高さを100%に設定 */
}

レスポンシブなフォントサイズ

DVHを用いて、デバイスのビューポートの高さに応じたフォントサイズを設定することができます。これにより、画面サイズに適した読みやすいテキストが表示されます。

.responsive-text {
  font-size: 3dvh; /* ビューポートの高さの3%に相当するフォントサイズに設定 */
}

まとめ

CSSのDVH(デバイスビューポートハイト)は、デバイスのビューポートの高さを基準とした単位です。これを利用することで、デバイスごとの適切な表示を行うレスポンシブデザインが可能になります。ヒーローセクションの高さ調整やフォントサイズの変更など、DVHを活用して効果的なレスポンシブデザインを実現しましょう。

Discussion