🎨

「A Philosophy of Software Design」のまとめと感想

2022/05/04に公開約2,300字

A Philosophy of Software Design

「A Philosophy of Software Design」はソフトウェア開発の設計における問題とその対処法を紹介している本です。本の中では「Red Flag」という設計原則がいくつか示されており、それによってより良い設計をすることを目指しています。
評価が高い本であり、自分も参考になりましたので各章のまとめ(スライド)と感想を記事にしました。

尚、本記事におけるチャプター毎の要約に関しては、著者の許諾を得て公開しています。

各章の概要

Chapter 1

良いデザインをすることが大事であり、そのためには複雑さを減らしてく必要があります。
本書では複雑さの詳細とその対処について書かれています。
chapter1

Chapter 2

複雑さとは何か?
chapter2

Chapter 3

良いデザインをするための心構え
chapter3

Chapter 4

Deep Moduleによる複雑さの隠蔽
chapter4

Chapter 5

情報の隠蔽を意識する
chapter5

Chapter 6

汎用化により特殊性を排除して複雑さを減らす
chapter6

Chapter 7

レイヤー毎に異なる抽象化をする
chapter7

Chapter 8

複雑さを引き下げることを考える
chapter8

Chapter 9

分割と統合の基準
chapter9

Chapter 10

特殊ケースの大きな要因である例外への対処
chapter10

Chapter 11

良いデザインをするめに「Design it Twice」
chapter11

Chapter 12

なぜコメントを書くべきなのか
chapter12

Chapter 13

どんなコメントを書くべきなのか
chapter13

Chapter 14

良い命名
chapter14

Chapter 15

先にコメント書く
chapter15

Chapter 16

コメントの保守
chapter16

Chapter 17

一貫性をとる
chapter17

Chapter 18

コードを明白なものにして曖昧さを省く
chapter18

Chapter 19

最近のソフトウェアの動向は複雑さをどう解消するか
chapter19

Chapter 20

クリーンでシンプルなコードはパフォーマンスにも良い
chapter20

Chapter 21

重要なものの見つけ方
chapter21

Chapter 22

chapter22

本の感想

「Red Flag」(本書で示されている設計原則)が役に立つのはもちろんのこと、失敗例が随所で紹介されており、それによって過去の自分が犯した同じ失敗が想起されて、本書の内容がより心に刻まれたように思います。
また、自分の経験からも思うのですが、汎用的でシンプルな設計ができるように、設計をリードする人はプロダクトのビジネス観点の話に積極的に参加する必要性を感じました。ビジネスチームとコミュニケーションを取ることでソフトウェアが解決しようとしているものを正確に認識でき、またこれからの展望もわかります。それは全体の見通しを持つことにつながり、より良い設計ができます。自分の経験でもビジネスチームとのコミュニケーションが密な時の方が良い設計ができていたように思います。
本書を通じて使いやすいソフトウェアを作るということはプロダクトについて考えるだけでなく、開発しやすいソフトウェアにするということも考えることが重要だと改めて感じました。その意味で、エンジニアが意識すべき「ユーザー」はそのシステムの利用者だけではなく、自分の書いたコードを読む将来の自分や他の開発者も含まれるのだと思いました。

チーム全体でコミュニケーションをうまく取り、本書の教えを実践していけるよう頑張っていこうと思えた素敵な本でした。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます