👀

LaravelでMailTrapを利用し、ローカル環境でもメールのテスト送信をする方法

2021/04/29に公開約1,000字

はじめに

Laravelのプロジェクトで、ローカル環境でもメールのテスト送信をする際に、はじめてmailTrapというサービスを利用してみたのですが、とても便利だったためご紹介したいと思います。

なお、今回はすでにLaravel側でメール送信の設定はできているものとします。

バージョン
Laravel 7.30.4

mailTrapの設定をする

まずは今回利用するmailTrapに新規登録します。

https://mailtrap.io/
こちらにアクセスすると、中心に「sign up for free」というボタンがあるので、こちらから登録ができます。
なお、登録にはGitHubアカウントやGoogleアカウントが利用できます。(私はGoogleアカウントを利用しました)

ログインをすると、「Integrations」の箇所がプルダウンできるようになっているので、今回はLaravelを選択します。
すると、下記のようなenv.ファイルに設定する項目が出てくるかと思います。

MAIL_MAILER=smtp
MAIL_HOST=smtp.mailtrap.io
MAIL_PORT=2525
MAIL_USERNAME=(ユーザー名)
MAIL_PASSWORD=(パスワード)
MAIL_ENCRYPTION=tls

こちらをプロジェクトのenv.ファイルにコピペします。

そしてキャッシュをクリアします。

$ php artisan config:cache

これで設定は完了です。

メールを送信する

設定が完了したので、自分のプロジェクトからメールを送信し、mailTrapのMy Inboxを確認すると、きちんと受信されていました。

さいごに

ローカル環境でメールの送信を確認する方法は、他にlogファイルで確認する方法があると思うのですが、logファイルの場合はエラーが出てしまい、なかなかうまくいきませんでした。
それに比べMailtrapは、とても簡単に確認することができたのでおすすめです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Discussion

ログインするとコメントできます