💿

Raspberry Pi OS インストール 2022

2022/01/24に公開約4,000字

Raspberry Pi OS のインストール方法は日々進化しています。
2022/1/24 現在の最も簡単(と思われる)ヘッドレスな OS インストール方法を紹介します。
wpa_supplicant.conf も ssh.txt も必要ありません!

準備するもの

  • Raspberry Pi
  • Raspberry Pi 用 USB ケーブル
  • micro SD カード
  • PC

今回、Raspberry Pi 4 を使用したので、USB ケーブルは Type-C を準備しました。

公式ページ

https://www.raspberrypi.com/software/
公式ページの手順通りに実行していきます。
Watch our 45-second video の動画がとてもわかりやすかったです。

インストール手順

  • micro SD カードの準備
  • Raspberry Pi Imager のインストール
  • Raspberry Pi Imager の実行
    • OS の選択
    • ストレージの選択
    • オプションの設定
    • 書き込み実行
  • Raspberry Pi の起動

micro SD カードの準備

PC のカードリーダーに micro SD を挿入します。micro SD が認識されていれば OK です。

Raspberry Pi Imager のインストール

PC に「Raspberry Pi Imager」をインストールします。Raspberry Pi Imager は「Raspberry Pi で使用する micro SD カードに OS イメージを書き込むソフトウェア」になります。
https://www.raspberrypi.com/software/ の「Install Raspberry Pi OS using Raspberry Pi Imager」からソフトウェアをダウンロードします。
私は Windows の PC を使用しているので、「Download for Windows」から Windows 用のソフトウェアをダウンロードしました。

ダウロードした imager_1.6.2.exe を実行します(バージョンの部分は更新されることもあると思います)。
セットアップ画面が出てくるので「Install」をクリックしてインストールします。

Raspberry Pi Imager の実行

Raspberry Pi Imager がインストールできたら、実行します。すると次のような画面が起動します。

OS の選択

Operating System の「CHOOSE OS」ボタンを選択します。すると次のような OS 選択画面が表示されるので一番上の「Raspberry Pi OS (32bit)」を選択します(スクリーンショットが見にくくてすみません)。

他の OS やローカルにダウンロード済みのイメージを選択することもできます。

ストレージの選択

次に、イメージ書き込み先のストレージを選択します。Storage の「CHOOSE STORAGE」を選択すると、選択可能なストレージが表示されます。micro SD カードのストレージを選択します(スクリーンショットの例では一つしかないのでそれを選択します)。

オプションの設定

初回起動からヘッドレスで動作させられるようにオプションの設定を行います。
CTRL + SHIFT + X キーを選択します。すると「Advanced options」の画面が表示されます。

Advanced options で、次の設定を行います。

項目 内容 設定 メモ
Set Hostname host 名の設定 任意の名前(デフォルトは raspberrypi) 変更する場合はチェックボックスにチェックを入れる
Enable SSH SSH 接続を有効にするか チェックを入れる
Use password authentication SSH 接続のパスワード設定 パスワードを入力 パスワード方式と SSH Key 方式を選択できる
Configure wifi Wi-Fi 設定 SSID、パスワードを確認、Wi-Fi Country は JP を選択(日本の場合)
Set locale settings locale 設定 Asia/Tokyo を選択


書き込み実行

オプションの設定が完了したら、「WRITE」を選択します。次のメッセージが表示されるので「YES」を選択します。

書き込みが始まります(30分くらいかかりました)。

OS イメージの書き込みが終了すると、次の画面が表示されます。「CONTINUE」を選択して、micro SD カードをカードリーダーから取り出します。

Raspberry Pi の起動

PC から取り出した micro SD カードを Raspberry Pi にセットし USB ケーブルを接続して電源を入れます。

PC でターミナルを起動し(私は Git Bash を使いました)、ssh pi@raspberrypi.local を実行すると ssh 接続で Raspberry Pi にログインできました(途中で 'yes' とパスワードを入力します)。

$ ssh pi@raspberrypi.local
The authenticity of host 'raspberrypi.local (192.168.**.**)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:*******************************************.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'raspberrypi.local,192.168.**.**' (ECDSA) to the list of known hosts.
pi@raspberrypi.local's password:
Linux raspberrypi 5.10.63-v7l+ #1459 SMP Wed Oct 6 16:41:57 BST 2021 armv7l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sat Oct 30 20:37:20 2021
pi@raspberrypi:~ $

Discussion

ログインするとコメントできます