📑

Next.jsにstyled-componentsを適応させる

1 min read

styled-components is 何?

CSS in JSのライブラリの一つ。最近では採用しているプロダクトが増えてきています。cssとjsを同一ファイル内に記述できるため、Reactの設計思想にあるようにコンポーネント単位での管理がスタイルにも可能になります。

導入するメリット

①保守性が高まる(コンポーネント単位でcssを管理)
②cssにjsの値を渡すことができる(動的スタイル)
③コンポーネント単位でスコープが生成される
④重複やスペルミスなどを気にする必要がない
(単一のクラス名をstyled-componentsが作成するため)

styled-componentsの導入手順

①ライブラリの追加


$ npm install --save styled-components
もしくは
$ yarn add styled-components

②以下のようにスタイルを割り当てていきます。

import styled from "styled-components";

export default function FirstPost() {
  const Container = styled.div`
    max-width: 36rem;
    padding: 0 1rem;
    margin: 3rem auto 6rem;
  `;

  const Text = styled.div`
    //引数に色が渡すことができる
    color: ${props => props.color ? props.color : "dark"};
  `;  

  return (
    <Container>
      <Text color="red">Hello!</Text>
    </Container>
  );
}

③babelのプラグインの設定
Next.jsとstyled-componentsが実行される前提とする環境が異なります。(styled-componentは元々クライアント側で動くことを前提としています)そのため、サーバーサイドでもstyled-componentsが働くようにしていきます。

$ npm install --save-dev babel-plugin-styled-components
もしくは
$ yarn add -D babel-plugin-styled-components

④プロジェクトのルートに.babelrcを作成

.babelrc
{
    "presets": [
      "next/babel"
    ],
    "plugins": [
      [
        "babel-plugin-styled-components",
        {
          "ssr": true,
          "displayName": true,
        }
      ]
    ]
  }

参考にさせていただいた記事

Next.jsにstyled-componentsを取り込む方法【Babelの設定が必要】

styled-components(CSS in JS)をやめた理由と、不完全なCSS Modulesを愛する方法

Reactのプロジェクトならstyled-components使うのがいいかも

Discussion

ログインするとコメントできます