📱

2022年振り返り(個人開発&クライアントワーク)

2022/12/27に公開約3,300字

クライアントワーク

去年エージェント経由でマッチングしたメガベンチャーの企業で、昨年11月から今年の7月まで計9ヶ月間働かせていただきました。働き方としては週3で1日8時間のフレックスで、RailsとReactを使った新規事業案件でした。スクラム開発で進めていて、毎朝11時からエンジニア朝会があり、その中で進捗報告や、相談したいことをざっくばらん話し、2週間に一度、スプリント計画会議と振り返りがそれぞれあるといった感じです。また週に一度、BizとDevのメンバーが一度に集まって定例をやっていて、その中でもまたビジネス視点で議論するといった感じでした。

個人的にはとても働きやすい環境でした。チームのメンバーが気持ちに余裕があって、気軽に相談や雑談ができる環境が出来ていたし、お昼ご飯も一緒に行ったりと、友達のような感覚でお仕事出来たのがすごくよかったです。前回のお仕事がフルリモートで、今回のお仕事はフル常駐だったのですが、どちらも経験してみてやっぱり僕は常駐の方が好きでした。

不満点はあまりないですが、あえて言えば1日8時間は僕にとっては少し長かったです。やはりコーディングはかなり集中するので、途中で集中力が途切れてしまい、生産性が上がらないことが度々ありました。なので次回お仕事を探すときはできれば1日6時間から長くても7時間くらいで探したいです。

モバイルアプリ個人開発

2020年の5月に初めての個人開発アプリTradeNoteをリリースをしたのですが、もっと大きな市場に挑戦してみたいと思い、構想を寝かせていた第二弾アプリを今年の3月ごろから着手し始めました。少しずつ形にはなりつつあったのですが、クライアントワークと並行で進めていたということもあり、思うように進捗が出ず歯痒い思いをしていました。6月ごろ、このペースでやっていてはいつまで経ってもリリースできないと思い、意を決してクライアントワークを一旦辞め、個人開発にフルコミットするような生活スタイルに移行しました。こういった思い切った行動を起こせるのもフリーランスだからこそな気がしていて、確かに経済的な安定はないものの、人生の主導権を自ら掴みたい人には向いているかもしれません。

話を戻すと、このフルコミットの成果もあって、クライアントワークを辞めてから3ヶ月後の10月に無事に第二弾アプリMoneyChartをリリースすることができました。今年中に新作アプリを一つ出すのはある意味目標にしていたので、その目標は一つ達成出来てほっとしています。

とは言え、リリース後にはそれまで相当高いモチベーションでやってきた反動と、思うようにユーザー数が伸び悩んだことにより、若干燃え尽きてしまい、11月、12月ごろはあまり生産性高くできなかったのが反省ではあります。正直言うと、7月でお仕事を辞めたことにより、人とのコミュニケーションが少なくなったことと、経済的不安が増えたことも、おそらくこの生産性低下の一つの要素ではあると思います。

Twitter

今年も多くの人と繋がれました。仲良くしていただいたみなさま、本当にありがとうございました🙇‍♂️

今年からSpaceがTwitterに実装され、いろんな方とお話ができたのも個人的にはすごく楽しかったです。Twitterは自分の価値観を発信することで、それに共感してもらえる方と繋がれるのがとても居心地がよかったです。とは言えやはり全員と仲良くするのは難しく、僕の価値観の発信や、何気ない一言で離れてしまった方も何人かいたり、逆に僕自身がちょっと苦手な方とは距離をおいたりして、確かにそれはそれで残念ではありますが、よくよく考えてみたらそれこそリアルな人間関係だし、逆にそれくらいスパッと切れる関係性だからこそフランクに話せる気もしていて、トレードオフ考えたときにしょうがないことなのかなとか思ったりしてます。

僕の場合、Twitterを行動の動機付けとして使っていて、自分の考えを素直にアウトプットする場として使うことで、自分自身にとって正しい方向に向かえる感覚があります。なので、そのもちろん万人に対して共感されるような考え方じゃないのはわかっているし、コンテンツに偏りがあるのもわかってるし、言ってることがコロコロ変わることもあるのもわかってますが、まあそんな感じで四苦八苦しながら成長していく僕の姿を暖かく見守っていただけると嬉しいです笑

来年も自分の気持ちにブレずにやっていきたいと思います。

総括

リスクを限りなく下げて新しいことにチャレンジできた一年だったかなと思います。とはいえ振り返ったときに、どうしてもアウトプットの「質」を意識しすぎて「量」が足りなかったかなあと言うのは実感としてあります。原因はおそらく「娯楽コンテンツの摂取しすぎ」と「習慣化の失敗」と「恐れ」でしょう。

日頃からTwitter、Insta、YouTube、AmazonPrime、撮り溜めしたテレビ番組など、娯楽コンテンツを浴びていた感覚があって、ちょっともったいなかったかなあという感覚はあります。この辺り摂取量を意識しないと、あっという間に1日が終わり、1年が終わり、人生が終わってしまうので、来年は控えめにしたいなあという感じです。で結局はやっぱり習慣化がうまくいかなかったのかなという感覚はあります。寝る時間、起きる時間、ブランチの時間、夕食の時間、オフの過ごし方、など、結構意識はしていたものの、なかなか習慣化することができなかったので、来年はしっかりと意識してやっていきたいです。

また「恐れ」に対しては、特に既存のアプリに対して、アイデア自体はあるものの「もし既存のユーザーさんにとって不便なものを提供してしまったらどうしよう」「もし大規模な修正を加えた反動でバグが生まれてしまって迷惑をかけてしまったらどうしよう」とびびってしまい、あまり積極的に機能追加やリファクタリングができなかったのはあると思います。多分この姿勢ではいつまで経っても大きなグロースは目指せないと思うので、来年はもっと積極的にリスクをとって行こうと思います。

去年の目標の振り返り

具体的にはTradeNoteをもっと便利にする事と、構想を1年以上眠らせている新アプリリリースまではしたいなあと思います🔥
(2021年振り返りより)

TradeNoteをさらに便利にするところまでは手が回りませんでした😭
新アプリ(MoneyChart)のリリースは達成しました!🤗

そして来年はもう少しシビアに「売り上げを伸ばす事」に向き合おうと思います。
(2021年振り返りより)

達成できなかったです😭
来年こそは!

来年の目標

今年は新アプリであるMoneyChartのリリースで種を撒いた一年だったので、来年はPMF、つまりは新規流入を増やし、継続してもらえるユーザーさんを増やし、最終的に売り上げを作るところまでを目標にしたいと思います。またTradeNoteは引き続きより便利にして、今よりさらにユーザー数を増やしていけたらいいなあと思います。あとはやっぱり経済的な余裕も欲しいのでクライアントワークも再開するかな。あとできたらSwift、ReactNative、Flutterあたりで新作アプリも作りたい、、、とか言いつつおそらく全部はできないので、とりあえず最初に書いた順番で達成できたらいいなと思います。

最後に

さくっと振り返るつもりが結局長くなってしまいました、、、まあそれくらい思うことがいろいろあった一年だったと言うことなんだと思います😅
少しでもモチベになっていただけたら是非「いいね」おねがいします👍

今年も一年ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

Discussion

ログインするとコメントできます