🤔

なぜJavaとJavaScriptは名前が似ているのか?

1 min read

JavaとJavaScriptはご存知の通りメロンとメロンパンくらい違うんですがなぜこんなにややこしい名前になっているのか気になったので調べてみました。この記事を書いたせいでメロンパンを食べたくなり買った模樣です。

結論

結論から言うとJavaが流行っていたので便乗してJavaScriptになったそうです。

JavaScriptの歴史

JavaScriptはNetscape社のブレンダン・アイク氏が開発した言語です。同じくNetscape社のNetscape NavigatorというFirefoxの前身となるブラウザでJavaScriptが実装されました。

開発当初はLiveScriptという名称でしたがサン・マイクロシステムズ社が開発 (現在はOracle)したJavaの人気を受けたのとNetscapeとサン・マイクロシステムズが業務提携していた事もあり名称をJavaScriptに変更したとのことです。

ブレンダン・アイク氏はMozillaの共同設立者かつ2015年にBrave Softwareを創業しCEOを務めています。

JavaScriptの商標はOracleが所有している

サン・マイクロシステムズ社が「JavaScript」の商標を所有していたのですがこの会社がOracleに買収されることによって商標がOracleに移転されたという経緯があります。なのでJavaもOracleですね。

https://trademarks.justia.com/750/26/javascript-75026640.html

Discussion

ログインするとコメントできます