🐟

[ObjectScript] ObjectScriptリンク集

2022/08/02に公開約37,800字

ObjectScriptとは

ObjectScript は、InterSystems IRIS® data platform 上でサーバ側コードを記述するために使用できる手続き型プログラミング言語です。ObjectScript ソース・コードは、文字列操作やデータベース・アクセスなど、ビジネス・アプリケーションで一般的な処理を実行するために高度に最適化されたオブジェクト・コードにコンパイルされます。

以下の様々なアプリケーションに適している。

  • ビジネス・ロジック
  • アプリケーションの統合
  • データ処理

ObjectScript リファレンス

記号および省略形

ObjectScript コマンド

ルーチンおよびデバッグ・コマンド

ObjectScript 関数

ダイナミック・エンティティ・メソッド

  • %FromJSON()
  • %Get()
  • %GetIterator()
  • %GetNext()

    これは、%GetIterator() によって返される %Iterator オブジェクトのメソッドです。反復子を進めて、反復子の位置が有効な要素の場合は true を返し、反復子が最終要素を越えている場合は false を返します。key 引数と value 引数は、現在の反復子位置にある有効な要素の値を返します。詳細と例は、“%GetNext() を使用したダイナミック・エンティティの反復処理” を参照してください。

  • %GetTypeOf()
  • %IsDefined()
  • %Pop()
  • %Push()

    指定された新しい値を現在の配列の末尾に追加して、配列の長さを拡大します。現在の変更後の配列を指す oref を返して、%Push() の呼び出しを連鎖可能にします。詳細と例は、“動的配列での %Push と %Pop の使用” を参照してください。

  • %Remove()
  • %Set()
  • %Size()
  • %ToJSON()

ObjectScript 特殊変数

構造化システム変数

ObjectScript の使用法

ObjectScript の概要

構文規則

データ型とデータ値

変数

演算子と式

正規表現

コマンド

呼び出し可能なユーザ定義コードモジュール

ObjectScript マクロとマクロ・プリプロセッサ

埋め込み SQL

多次元配列

文字列演算

ロック管理

トランザクション処理

エラー処理

コマンド行ルーチンのデバッグ

Discussion

ログインするとコメントできます