🌲

LaravelのCarbon選び

2022/07/02に公開約900字

Carbon\Carbon

https://carbon.nesbot.com/docs/

おなじみの日時ライブラリ。組み込みのDateTimeクラスを継承している。
mutableなので、インスタンスを直接変更するため注意が必要。

Carbon::now()->copy()->addDay()のようにインスタンスをコピーしてから使わないとコードのあちこちで変更があった時に追うのが辛くなる。

Illuminate\Support\Carbon

Carbon\Carbonを拡張した日時ライブラリ。実装を見ると分かる通り、Laravel8だともうsetTestNow() しか実装がない。 (テストで日時を固定できるメソッド)

https://laravel.com/api/8.x/Illuminate/Support/Carbon.html

Carbon\CarbonImmutable

Carbonの immutable版。組み込みのDateTimeImmutableクラスを継承している。
こちらは新しいインスタンスが返されるため、copy()する必要がない。
インスタンスが作られた一番最初の状態を持つので、コードを順に追う必要がなくなる。

DateTime

https://www.php.net/manual/ja/class.datetime.php

Carbonの元になっているPHP組み込みの日時ライブラリ。
何か特別な理由がない限りはLaravelではCarbonを使った方が楽に感じる。

DateTimeImmutable

https://www.php.net/manual/ja/class.datetimeimmutable.php

CarbonImmutableの元になっているPHP組み込みの日時ライブラリ。
何か特別な理由がない限りはLaravelではCarbonImmutableを使った方が楽に感じる。

まとめ

出来ることならばCarbonImmutableを採用したい。
また、DateTimeを使うことで柔軟なインターフェース設計にできる。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます